メルセデス・ベンツ日本株式会社は、「新型メルセデス AMG C 63クーペ / C 63 Sクーペ」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネット ワークを通じて、18日より注文受付を開始した。(発売は2016年8月頃を予定)

つい先ほど、富士スピードウェイにてお披露目された実車の写真とともにリリース情報をお届けしよう。

Related Gallery:Mercedes-AMG C 63 coupe_Press Conference,18th Apr,2016

「メルセデスAMG C 63クーペ」は、ボディのドア、ルーフ、トランクを除くほぼ全てのパーツを C 63クーペ専用に開発し、メルセデスAMGが独自開発した最新技術により、クラストップの動力性能を備えたメルセデスV8トップパフォーマンスのリアルスポーツクーペとなった。


■メルセデスAMG C 63 クーペ の特長


AMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン
"One man - one engine"・・・これは、厳格な品質基準に従って、ひとりのマイスターが一基のエンジンを最初から最後まで責任を持って手作業で組み上げるというメルセデスAMGの哲学。


メルセデスAMG C 63クーペの心臓部には、メルセデスAMG社が完全自社開発した スポーツカー「メルセデスAMG GT」と基本設計を共通とするAMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載される。
砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現した。
また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE®摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減する。

2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホット インサイドV」レイアウトとした。エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路を最適化することで、優れたレスポンスを実現する。


メルセデスAMGが独自開発したこれらの最新技術により、C 63クーペは最高出力 476PS(350kW)、最大トルク650Nm、C 63 Sクーペは最高出力510PS(375kW)、最大トルク700Nmを発揮する。
C 63 Sクーペは0-100km/h加速 3.9秒とクラストップの動力性能を実現した。(数値は全て欧州仕様参考値)


AMGダイナミックエンジンマウント


エンジンマウントに磁性体入の液体可変マウントを搭載。各種センサーからの情報によりドライビングの状況を検知して、マウントの硬さを自動で調整する。
通常走行時は柔らかいマウントによってドライブトレインからのノイズと振動を効果的に遮断し快適性を高める。
ダイナミックなドライビング時にはマウントを硬くすることでドライブトレインのロールモーションを減少しクイックなコーナリングを実現する。(C 63 Sクーペに標準装備)


エグゾーストフラップ付AMGエグゾーストシステム
Mercedes-AMG C 63 coupe Mercedes-AMG C 63 coupe

C 63クーペと C 63 Sクーペには排気管内のエグゾーストフラップによってエグゾーストノートを切り替えるシステムが装備された。

・C 63クーペには排気管内に1つの連続可変エグゾーストフラップを備えた「AMG スポーツエグゾーストシステム」を装備。トランスミッションモードに応じた2種類のエンジンサウンドを、AMGダイナミックセレクトスイッチにより切り替えることができる。

・一方、C 63 Sクーペには、3つの連続可変エグゾーストフラップを備えた「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」を装備。トランスミッションモードに応じ、加速時やシフトダウンによる自動ブリッピング時にエモーショナルなサウンドを響かせたり、長距離クルージングなどで落ち着いたサウンドを響かせたりすることが可能だ。


AMG スピードシフト MCT

トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを採用し、ダイレクト感のある素早いシフトチェンジと高い伝達効率を実現した電子制御式7速スポーツトランスミッション 「AMG スピードシフト MCT(マルチ・クラッチ・テクノロジー)」を搭載。
通常のオートマティック・トランスミッションに見られる損失を低減し燃費効率の大幅改善に貢献する。
シフトダウン時の自動ブリッピング機能やレーススタート機能によってダイナミックな走りも愉しめる。
さらに、高速走行時などにアクセルから足を離すとエンジンとトランスミッションを切り離して燃料消費を抑えるセーリング機能の採用によって燃費を優先する「C(Comfort)」、よりスポーティなドライビングが愉しめる「S(Sport)」「S+(Sport Plus)」、様々なパラメーターを個別に設定できる「I(Individual)」の4つのモードを設定。
また C 63 Sクーペ専用の「RACE」モードでは、サーキット走行のためにすべてのパラメーターが変更される。


AMG リミテッド・スリップ・デフ
C 63クーペには機械式AMGリミテッド・スリップ・デフを装備し、あらゆる走行状況で強力なトラクションと安定感あるハンドリングを提供する。
C 63 Sクーペには電子制御 AMGリミテッド・スリップ・デフを装備し、走行状況に応じてロッキング機構を電子制御することで、トラクションを高め限界領域におけるコーナリングスピードをいっそう向上させる。


AMG RIDE CONTROL スポーツサスペンション

サスペンションには、フロントが4リンク式、リアがマルチリンク式の「AMG RIDE CONTROL スポーツサスペンション」を採用。四輪それぞれの減衰特性をボタンひとつで調整できる電子制御ダンピングシステムを採用し、AMGダイナミックセレクトスイッチまたは専用ボタンにより「Comfort」、「Sport」、「Sport Plus」の 3つのモードから減衰特性を選択することが可能。


AMG ダイナミックセレクト

快適なクルージングからサーキットでのダイナミックなパフォーマンスまで、センターコンソールのスイッチを操作するだけでドライバーが望むキャラクターにセッティング可能なシステム。
トランスミッションのシフトプログラムに加え、エグゾーストシステムを含むエンジン特性、サスペンション、ステアリング特性、3ステージESP®、ECOスタートストップ機能が連動して変化する。
また、C 63 Sクーペには「RACE」モードが追加され、サーキットでの停止状態から最適な加速を可能にする。

・C(Comfort) :快適性と燃費重視のモード。

・S(Sport):ワインディングなどでスポーティなドライビングを楽しむためのモード。
エグゾーストサウンドは控えめなままで、3ステージESP®はON。
ロードフィールを高めるために AMGパラメーターステアリングのパワーアシスト量が減少する。

・S+(Sport Plus):AMG V8ならではのエグゾーストサウンドとともに、サーキットなどでダイナミックなドライビングを楽しむためのモード。
3ステージESP®はON。

・I(Individual):エンジン、エグゾーストシステム、サスペンション、ステアリング、トランスミッション、 3ステージESP®、電子制御 AMG リミテッド・スリップ・デフのパラメーターを個別に設定できるモード。

・RACE(C 63 Sクーペ専用) :サーキット走行のために全てのパラメーターが変化するモード。


AMG パラメーターステアリング

14.2 のクイックレシオに設定されたラック&ピニオン式のステアリングを採用。リニアかつクイックなハンドリング特性を実現した。
電動パワーステアリングの採用により、 駐車時や市街地など低速走行時には操舵力を低減、高速走行時では安定性を向上させるよう、パワーアシスト量が変化する。
さらに車速だけではなく、AMGダイナミックセレクトのドライブモードによってもパワーアシスト量が変化。
スポーティなドライビング時にはアシスト量が減少し、正確なステアリングフィールと路面からのダイレクトな フィードバックを得ることが可能だ。


3ステージ ESP® (エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)
高レベルな安全性を確保する標準モードの「ESP® ON」、システム介入前に一定のドリフトアングルを許容するスポーティなセッティングの「ESP® SPORT Handling」、サーキットでの高度にダイナミックなドライビングのためにESP®がオフになる「ESP® OFF」の3つのモードを備えた「3 ステージ ESP®」を標準装備。


AMG 強化ブレーキシステム
C 63クーペは前後に、360mmドリルドベンチレーテッドディスクを装備し、ハイパフォーマンスに対応する強大な制動力と耐フェード性、ペダル操作に対する優れた応答性を発揮する。
C 63 Sクーペにはパフォーマンスの向上に対応し、フロントにより大径の390mmディスクを装備。また、軽量なコンポジットタイプのブレーキディスクの採用によりばね下重量が低下し、大幅に加速・コーナリング性能が向上している。


メルセデスの高い安全性
レーダーセンサーにより先行車を認識して、設定速度の範囲内で車間距離を適切に維持して追従するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えた「ディストロニック・プラス」やドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する「ブラインドスポットアシスト」、ドライバーの疲労や不注意による走行車線の逸脱をステアリングを微振動させてドライバーへ警告する「レーンキーピングアシスト」などを含む先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備し、高い安全性と快適性を実現した。


デザイン

C 63クーペのエクステリアは、メルセデスクーペの伝統的プロポーションである、流れるように美しいルーフライン、そのラインが流れ着く大胆で力強いリアエンドを踏襲。大きく張り出した C 63クーペ専用リアフェンダーが力強さを強調している。
リアエンドは、エグゾーストエンドをディフューザーと一体化させることで、ボディ下部の空気の流れを整えエアロダイナミクスを向上させている。トランクリッドスポイラーリップを備えることにより、リアにかかるダウンフォースを増加させロードホールディング性を高めた。

インテリアも同様で、C 63 Sクーペのステアリングは、グリップ部に吸湿性に優れた DINAMICA素材を採用することで、激しいスポーツ走行でも優れた操作性を発揮。


シートはサイドサポートを張り出し、乗員のホールド性を高めたAMGスポーツシートを採用している。

Related Gallery:Mercedes-AMG C 63 coupe


■消費税込み価格



AMG (エーエムジー)
1967年に「モータースポーツこそが技術力の優秀性を何よりも端的に示す」という確固たる信念に基づき、誕生。
その名は、創立者のハンス・ ヴェルナー・アウフレヒト(Aufrecht)、パートナーのエバハルト・メルヒャー(Melcher)、 アウフレヒトの出生地グローザスパッハ(Grossaspach)の頭文字から取られたもの。
当初はメルセデス・ベンツの市販車をベースに独自の改良を施したレーシングマシンを製造し、数々のレースで輝かしい成績をおさめてきた。
1988年からはメルセデス・ ベンツと本格的なパートナーシップを組み、中核となるモータースポーツ活動を通して培ったレーシングカーテクノロジーとメルセデス・ベンツの最先端技術を結集し、メルセデスのハイパフォーマンスモデルの開発とエンジンの生産を担っている。


■メルセデス・ベンツ 公式サイト
http://www.mercedes-benz.co.jp/

■新型メルセデス A M G C 63クーペ/C 63 Sクーペ 公式サイト
http://www.mercedes-c.jp/coupe/c63/?s_clid=pc_c63amg_20160415