2台のランボルギーニ「カウンタック」がオークションに 予想落札価格は「アヴェンタドール」の新車並み
5月に英国シルバーストーン・サーキットで開催されるオークションに、2台のランボルギーニカウンタック」が出品される。予想落札価格はどちらも30万ポンド(約4,700万円)前後。それだけのお金があれば、新車の「アヴェンタドール」が買えるだろう。これは、我々が部屋にポスターを飾って眺めていたスーパーカーの価値が上がったことを意味すると共に、この世代の一部の人たちが経済的にかなり成功しているということの証でもある。

1989年型の真っ赤な「カウンタック 25thアニバーサリー」は、縦にスリットが開いたエアボックスや、フィンが付いたサイドスカート、そして様々なエアロパーツが装着され、まさに究極のカウンタックと言っても過言ではないだろう。この個体はキャロル・シェルビーの妻であるクレオ・ロバーツが所有していたもので、16年ぶりに売りに出されることとなった。走行距離はわずか1万3,000km。2003年に4万ポンド(現在のレートで約620万円)を掛けてレストアされたという。予想落札価格は25万〜30万ポンド(約3,900万〜4,700万円)。



同時に出品されるホワイトの「カウンタック 5000S」はより旧い1983年型で、サウジアラビアの王子が新車で購入したものだとか。627台が製造された25thアニバーサリーよりも少ない生産台数323台のうちの1台だ。走行距離は4万8,000kmとやや多いが、こちらも2010年から2011年の間に6万ポンド(現在のレートで約9,300万円)の費用を投じてレストアされている。それから1,847kmしか走っていないそうだ。希少性からオークションではこちらの方が高値が付くと見られており、落札額は27万5,000〜32万5,000ポンド(約4,270万〜5,050万円)になると予想されている。

どちらのカウンタックも英国仕様ということで右ハンドル。日本で乗るにも便利かもしれない。気になる方はオークションの公式サイトをご覧いただきたい。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー