【ビデオ】6輪駆動のトヨタ「ランドクルーザー」が登場!
メルセデス・ベンツ「G63 AMG 6x6」は途方もなくクールなクルマだが、100台ほどが販売されただけで既に生産終了が伝えられている。それでもあなたがもし6輪駆動のSUVを求めているなら、このビデオに登場するトヨタランドクルーザー」が次にベストな選択だろう。

G63 6x6は、最高出力544psと最大トルク77.5kgmを発生する5.5リッターV8ツインターボ・エンジンを搭載し、そのパワーは7速トランスミッションを介して3つのポータルアクスルを駆動する。一方、このランドクルーザーはスーパーチャージャー付き4.0リッターV6エンジンに5速マニュアル・トランスミッションを搭載と、そこまで高性能ではない。開発に関わったドバイの自動車用品会社NSVによれば、最高出力398hp、最大トルク50.3kgmを発生するという。オプションで4.5リッターV8ディーゼル・エンジンとATも選べるようだ。ビデオではトヨタの優れた信頼性を前面に押し出し、大きなテロップはこのクルマが"事実上壊れない"ことをアピールしている。本当かどうか試してみたいところだ。

ビデオによると、この6輪駆動のランドクルーザーは、ドバイのNSVとオーストラリアのエンジニアリング会社、マルチドライブ・テクノロジーが共同開発したという。マルチドライブ・テクノロジー社のウェブサイトを見ると、同社がランドクルーザーを軍用、採掘用、消防車などにコンバージョンすることを専門としているのが分かる。つまり、このクルマには幅広い分野から得た知見が詰まっているのだ。米国版Autoblogでは、詳細を聞くために両方の会社に申し込んだところだが、読者のみなさんはこの6輪駆動のランドクルーザーのスペックを、ビデオの最後で少し見ることができる。

確かにこのランドクルーザーのスペックは、メルセデスG63 AMG 6x6と肩を並べることはできない。しかし、それでも十分に妥協できるものだ。アイコン社のデザイナー兼CEOのジョナサン・ワード氏なら、この6輪駆動車を改造してどんなクレイジーなクルマに変えるか、是非とも見てみたいものである。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー