FCA US LLC.およびFCAジャパン株式会社は、「Jeep® Cherokee(ジープ・チェロキー)」の4x4グレード「トレイルホーク」が、米国ブランドの米国製ガソリンエンジン乗用車として初めて日本のエコカー減税の対象車となることを発表した。

Related Gallery:JEEP Cherokee Trailhawk

今回日本のエコカー減税対象となるのは、クラス最高の走破性能を誇る3.2ℓペンタスターV型6気筒エンジンを搭載するジープ・チェロキー トレイルホーク。
エコカー減税の燃費・排ガス基準に適合し、自動車取得税は20%軽減、自動車重量税は25%軽減となる。

ジープ・ブランドを統括するマイク・マンリー氏は、次のように述べている。
「ジープは走破性を確保するために走行効率を犠牲にすることはありません。今回の快挙は、きわめて複雑な自動車市場の中でも際立って魅力ある製品をお届けしようとするジープの取り組みの正しさを証明するものです。」


ジープ・チェロキー トレイルホークの燃費は10.3km/ℓと平成27年度燃費基準達成レベルを達成。
さらに、エコカー減税のもう1つの要件である低排出ガス車☆☆☆☆認定も取得している。
チェロキー トレイルホークが搭載する3.2ℓペンタスターは、小型酸化・三元触媒コンバーター2個と加熱式O2センサー4個を備え、排ガスを低減する。

Jeep Cherokee Trailhawk Jeep Cherokee Trailhawk

3.2ℓペンタスターは、米ワーズオートワールド誌が主催する「10ベストエンジンズ」に3年連続で選ばれた3.6ℓペンタスターと設計の主な部分を共有している。
3.2ℓエンジンは、最高出力200kW(272ps)、最大トルク315Nm(32.1kg.m)、さらにアイドリングストップ機能のSTART & STOPシステムも搭載。
ジープ・チェロキー トレイルホークに標準装備のSTART & STOPシステムは、停車するたびにエンジンを止めることで燃費効率を向上させる。そして、エンジン停止時もラジオ、計器類、ヒーター、エアコンディショナーなどはそのまま使用することができる。
ブレーキペダルから足を離すと、自動的にエンジンを再スタートする。


なお、燃費効率をいちだんと高めるのが、セグメントで唯一の9速オートマチックトランスミッションとなるトルクフライトと、走行状況に合わせてパフォーマンスを自動的に円滑に調整する業界初の動力伝達システムだ。
トルクフライトトランスミッションは、ペンタスターV型6気筒エンジンが常に最適の回転域で運転できるよう、全体の変速比幅を広く設定した。
また、4つギアを高速走行に適したオーバードライブレシオとすることで、ノイズ、振動、ハーシュネス(NVH)の総合値も低減した。

今回エコカー減税対象となる2016年式ジープ・チェロキー トレイルホークは、5月より日本国内の販売店へ配車される予定。


ジー プ・チェロキーは、2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーに米国車として初めて選出された。また、日本国内でのジープ・ブランドの 2015暦年の国内新規登録台数は7,129台と過去最高を記録(2014年以降2年連続で過去最高を更新)している。


ちなみに、ジープ・ブランドは今年設立75周年を迎え、グローバルにてさまざまなキャンペーンを展開している。
参考情報はこちらから http://www.jeep.com/en/75-years/


■消費税込み価格:510万3,000円
_パールコート塗装:追加 5万4,000円


■FCAジャパン 公式サイト
http://www.fcagroup.jp/

■ジープ・チェロキー 公式サイト
http://www.jeep-japan.com/cherokee/