レクサスは、全世界でのハイブリッド車累計販売台数が100万台を達成したことを発表した。
2005年4月に初のハイブリッド車となるRX400hを発売して以来、約11年での到達となる。
2016年3月末時点で、累計販売台数は約1,000,600台となっている。

RX400hの発売以降、レクサスのハイブリッドラインアップは着実に拡大し、現在では最高級セダンLS600h
からプレミアムコンパクトCT200hまで、プレミアムブランドで最も多い10車種を展開。


2016年1月には最新のハイブリッドモデルであるLC500hをワールドプレミア
LC500hは次世代のハイブリッド技術であるマルチステージハイブリッドシステムを搭載し、加速性能と効率性を、より高い次元で両立している。

Related Gallery:LEXUS LC500h


また、累計販売100万台達成を記念し、イタリア・ミラノにおいて欧州レクサス販売のトップであるAlain
Uyttenhoven氏から、レクサスのお客様へのNX300hの納車が行われた。

<NX300hを購入されたAldo Pirronello氏 コメント>
「このクルマが私にとって最初のLEXUSです。初めてNX300hを見た時、そのデザインとハイブリッドの
先進性に惹かれました。私が100万人目のオーナーになると知って驚きましたが、同時にLEXUSにとって
一つの大きな節目となる瞬間に立ち会えて光栄に思っています。」


<福市 得雄 氏:Lexus International President コメント>
「LEXUSは今後も、ハイブリッドシステムをコア技術と位置づけ、CO2削減に貢献すると共に、運転の
楽しさをお客様に提供してまいります。また、我々が提唱する2050年に向けた環境への取り組みを推進
するにあたり、ハイブリッド車のグローバルな普及は極めて重要です。世界で多くのお客様にLEXUSの
ハイブリッドをご支持いただいていることに、私個人としても大変うれしく思います。」


<Alain Uyttenhoven氏:Head of Lexus Europe コメント>
「LEXUSがハイブリッドの先駆者として豊富なラインアップを揃え、100万台という多くのクルマをお客様に届けることができたのは、ハイブリッドシステムやLexus Safety System +といった技術が示す「先進性」があってこそだと考えています。Lexus Internationalを代表してPirronello氏にNX300hをお届けできることを大変光栄に思います。」


■ レクサスハイブリッド車販売実績(台)


■ モデル別販売実績(台)



1月にジュネーブ・モーターショーにて世界初公開された「LC500h」は、当サイトでも現地レポートを掲載している。あわせて、こちらもご覧いただきたい。

【ジュネーブ・モーターショー】
レクサス「LC500h」純粋な走りを楽しむハイブリッドカーが誕生する:山田弘樹

http://jp.autoblog.com/2016/03/03/lexus-lc500h/


■レクサス 公式サイト
http://lexus.jp/