アウディ、欧州の裕福な顧客のために6枚ドアの「A8 L」をワンオフで製作
Related Gallery:Audi A8L Extended

ある欧州に住む富豪は、アウディ「A8」のロングホイールベース仕様「A8 L」でも満足できなかったようで、ドアが6枚もある「A8 L Extended(エクステンデッド)」を特別にワンオフで注文した。この巨大なセダンは、6人が贅沢に座ることができるスペースがあり、全長はA8 Lの5,275mmより1,000mm以上も長い6,360mm、ホイールベースは標準モデルの「A8」が2,990mm(A8 Lは3,120mm)であるのに対し、4,220mmまで伸ばされている。

車内にはリムジンらしい対面シートが装備されていると想像するかもしれないが、実際の座席は全て前向きとなっている。そのため、乗員同士の会話は弾まないかもしれないが、これはクライアントの意向だそうだ。3列目のシートにはエンターテインメント用ディスプレイとクーラーボックスが備わり、2列目と3列目にもベージュのバルコナレザーが張られた電動調整機能付きシートを採用している。

アウディのエンジニアは、この大きなクルマでA8と同等のボディ剛性を保つ方法を生み出すのに1年を要したという。最終的には、サイドシルとセンタートンネルにアルミ押出成形材の使用箇所を拡大し、剛性を強化したことで、ようやく製作を実現させた。ルーフにはクロスブレースの数が増やされ、キャビンにより多くの太陽光を取り入れる入れるために2.4mのガラスパネルが採用されている。

パワートレインは(意外なことに435psの4.0リッターV8や500psの6.3リッターW12気筒ではなく)、最高出力310ps、最大トルク44.9kgmを発生する3.0リッターV6スーパーチャージャー付きエンジンに、8速ATの組み合わせ。アウディ独自の全輪駆動システム「Quattro(クワトロ)」を装備し、0-100km/m加速は7.1秒だという。それほど速いとはいえないが、重量2,418kgのクルマにしては十分な性能だろう。

なお、A8L Extendedは今回限りのワンオフでは終わらないようだ。アウディによると、顧客の反応は良く、このクルマをもっと製造してほしいとの要望を既に受けているという。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー