新型ライトバーの採用で一般車両と見分けることがさらに難しくなった、フォードの「ポリス・インターセプター・ユーティリティ」
Related Gallery:Ford Police Interceptor Utility No Profile Light Bar

スピード狂の人には残念なお知らせだ。フォードが「ポリス・インターセプター・ユーティリティ」(つまり「エクスプローラー」ベースの警察用車)に新型のライトバー(警光灯)を追加すると発表した。これにより、同車と一般車両を路上で見分けることは、今までよりはるかに困難になるようだ。なんてことだ。

憎らしいほど目立たない"low-profile(薄型)"のライトバーが、今日の警察車両では標準になっていることをご存じだろうか? フォードは、ポリス・インターセプター・ユーティリティに導入する新システムを"no profile(超薄型)"ライトバーと呼んでおり、警察車両を見分ける最大の特徴だった天井設置型のユニットの代わりに、細長いライトをヘッドライナー(天井材)とフロントガラス上部の間に装備する。

フォードによると、これは警察車両に導入する機能としては決して新しいものではなく、既に似たようなシステムをパトカーに導入している警察もあるという。だが、今回フォードが用意したシステムは特に嵩張らないとのこと。また、これを搭載するフォードのポリス・インターセプター・ユーティリティは、フロントガラス上部にティントが施されていないので、アフターマーケットで販売されている同様の製品よりも光が明るいという。

果たして、我々は新しいライトバーを装備した2017年型ポリス・インターセプター・ユーティリティを路上で見付けることができるだろうか。きっと警光灯を点灯したパトカーが自分のクルマのバックミラーに映り込むまで、見つけられないのではないかと思う。皆さんの幸運を祈る。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー