スズキ株式会社(以下、スズキ)の小型乗用車「スイフト」が、4月上旬までの販売で世界累計販売500万台を達成した。2004年11月の発売開始から11年5カ月での達成となった。
<写真:スイフト RS>



「スイフト」は、スズキのクルマ作りに変革をもたらした小型車。
2004年の発売以来、日本をはじめ世界の国々で数多くのカーオブザイヤー賞を獲得するなど、そのスタイリッシュなデザイン、楽しくスポーティーな走りへのこだわりなどが高い評価を受けてきた。

「スイフト」は、これまでに日本、ハンガリー、インド、中国、パキスタン、タイ等で生産され、ひとつのクルマでインドをはじめとする新興国市場のユーザーにも、日本や欧州などの先進国市場のユーザーにも広く受け入れられるなど、グローバルに愛されてきた「世界戦略車」としての位置づけだ。

現在では世界7カ国で生産され、これまでに140以上の国と地域のユーザーが利用している。

インドにおいては、2005年の発売以来、ディーゼル仕様やセダンタイプを追加するなど、インドの経済成長に伴う市場拡大に合わせて着実に販売台数を伸ばし、現在ではインドでの年間販売台数の約3割にあたる約43万台を販売しスズキのインド市場での拡販を牽引している。

世界累計販売500万台の内訳は、インド54%、欧州17%、日本10%、その他19%となっている。

■スイフトの歴史

2004年11月 世界戦略車 初代「スイフト」日本で発表・発売
2005年2月 ハンガリーで生産開始
2005年5月 インドで生産開始
2005年6月 中国で生産開始
2005年11月 『2006年次 RJC カー オブ ザ イヤー』、『2005‐2006日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Most Fun」』を受賞
2007年5月 マレーシアで生産開始
2008年6月 世界累計生産100万台を達成
2009年11月 パキスタンで生産開始
2010年9月 2代目「スイフト」日本で発売
2010年11月 『2011年次 RJC カー オブ ザ イヤー』を受賞
2011年1月 世界累計販売台数200万台達成
2012年3月 タイで生産開始
2013年1月 世界累計販売台数300万台達成
2014年1月 ベトナムで生産開始
2014年8月 世界累計販売台数400万台達成
2016年4月 世界累計販売台数500万台達成

スズキは、500万台を達成し、特設サイトを開設している、あわせて以下のサイトからご覧いただきたい。

■スイフト世界累計販売台数500万台達成特設サイト
http://www.suzuki.co.jp/swift500/


Related Gallery:SWIFT RS

Related Gallery:Suzuki Swift STYLE & RS

Related Gallery:Suzuki Swift (2013.7.17)


■スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp/