MotorCycle show 2016
3月25〜27日の3日間、今年も「東京モーターサイクルショー」が開催された。このイベントは、日本国内で最大規模となるバイクとスクーターそれにまつわる用品などの見本市となり、バイク乗りにとっては、おなじみとなっているイベントだ。

MotorCycle show 2016
国産4メーカーはもちろん、日本で乗ることができる海外メーカーが一堂に会すイベントだけあって、3日間は多くの人で賑わいを見せた。今年は客層が少し若返った? なんて声もちらほら聞こえてきたが、各メーカー、車検を必要としない250ccモデルの充実を図ると共に、中型免許で乗ることができる400cc以下のモデルに、乗りたい! と思わせるような購買意欲をそそるモデルを登場させてきたこと。さらには、海外メーカーがミドルレンジのモデルを投入してきたことが、若年層を引き寄せた一番大きな要因なのかもしれない。

ということで、東京モーターサイクルショーで気になったモデルを、今回はキーワード別にピックアップ!

■普通2輪免許、いわゆる中型免許で乗ることができる"Under400ccモデル"
MotorCycle show 2016 MotorCycle show 2016
先にも述べたが、昨年から400cc以下のモデルが充実してきている。特に今年は BMW motorradDUCATIといった海外メーカーがKTMに続けとばかりに、400ccモデルを投入。気軽に乗ることのできる外車として、若者層、または今までのバイク乗りとは違ったユーザー層の取り込みが期待されている。個人的には、リッターバイクや重いバイクにちょっと疲れてきてしまった人にもオススメしたいし、バイクを乗りこなすという感覚をつかみ直すにももってこい。最近バイクのパワーに負けてしまってるかも......、なんて感じたら、このミドルレンジクラスを見直すと幸せになれるのかも!

MotorCycle show 2016
ミドルレンジクラスの中で、一番の注目モデルは、BMW motorradの「G 310 R」! BMW motorrad初となる中型免許で乗ることができるモデルで、コンセプトは「誰もが力を抜いて毎日乗れる、ストレスフリーなバイク」。

MotorCycle show 2016 MotorCycle show 2016
水冷の313cc単気筒エンジンを搭載し、特徴的なのは、シリンダーのヘッドを後方へ傾斜させ、180°回転させた後傾シリンダーと後方排気。このことにより、車体の重心が低くなりフロント加重がアップするため、安定性が増し、コントロール性も高くなるとのこと。

MotorCycle show 2016
そして、女性やちびっ子に嬉しいのが、乗りやすいけど、デカくて重い!といったイメージの強かったBMWなのに、シート高が785mmで車重が158.5kgと軽い! 身長157cmの私が跨がってみると、足は両足のつま先が着地する程度で、残念ながらそこまで良いという感じではなかった(さすがドイツ人基準、サスペンションが全く沈まなかった......)が、悪くもない。走らせてみないとポジションの善し悪しはまだ解らないけれど、今までのBMWのバイクと比べたら、肩肘張らずに気軽に乗れてしまいそうな、コンパクトで軽やかなイメージを受けた。

MotorCycle show 2016 MotorCycle show 2016
S 1000 Rの遺伝子を受け継いだ、さすがBMWと見劣りしない質感とデザインも好感度大。ちょっと尖ったデザインのミドルレンジにのりたかったら、コレを選択肢のひとつとして加えるのもいいかもしれない。まだ、発売時期や価格は未定なのだが、今後の動向にも大注目! 

MotorCycle show 2016
そして、もうひとつミドルレンジで注目したいのが、DUCATIの「スクランブラーSIXTY2」。以前ここでも紹介したが、昨年発表されて爆発的な人気を誇る800ccのスクランブラーの弟分として、より1962年当初のコンセプトに近い遺伝子を受け継いでの登場となった。中型免許で乗ることができるDUCATIの久しぶりの登場とあって、こちらも要チェックだ。

MotorCycle show 2016 MotorCycle show 2016
カスタム心をくすぐるデザインも、自分の個性をバイクで表現したい! という人にはもってこいのモデルになるのではないだろうか。

MotorCycle show 2016
次に紹介するのは、 Hondaの「VTR Customized Concept」。VTR250をベースにカフェレーサー風にカスタムした参考出展のモデルとなるのだが、VTRのイメージを一新するような上品な仕上がり。

MotorCycle show 2016 MotorCycle show 2016
ピンクベージュにも見えるブラウンのバッグスキンシートに、一部だけクリア塗装された素材感むき出しのツヤ消しタンク、ブラックアウトされたフレーム、そしてバーエンドミラーに、無限のサイレンサーを装着。

MotorCycle show 2016 MotorCycle show 2016
なんだかとってもシルキーなVTR。VTRといったら、よく走って壊れなくて扱いやすいと、何となく実用的なイメージが勝っていたのだが、それだけではなくVTRが持つデザイン性の高さを際立たせると、エレガントにもなる。ちょっと面白いモデルだった。

Related Gallery:MotorCycle show 2016


■冒険者が増殖中?"アドベンチャー系モデル"

オフロードといっても、さまざまな種類があるけれど、今回注目したのは、ロードもオフも走ることができる冒険バイク。3月に発売されたばかりのHonda「CRF1000Lアフリカツイン」が、1週間で年間販売計画台数の1000台を軽々と超える受注を集めたということにも驚いたが、もしかして、ライダーは今、冒険したいムードなのか? なんて思ってしまうほどバイク業界はオフロード系のモデルに注目が集まっている。確かに林道を走りたいという女子も増えているし、日曜日にレースを楽しむ、サンデーエンデューロレーサーも増えている。アマチュアも参戦できるエンデューロレースの昨年度の最終戦では、なんとエントリーが650台を超えるという、かつてない盛り上がりを見せている。そんな男たち・女たちの心をわしづかみにしたのが、アフリカツイン、ということなんだろう。

MotorCycle show 2016
Hondaからは昨年コンセプトモデルとして発表した「CRF250 RALLY」を、今年はより現実的なプロトタイプとして展示。このモデルは、Hondaが2013年からワークス参戦を再開した「ダカール・ラリー」を走るレーサー「CRF450RALLY」のレプリカモデルとなるのだが、ベースは市販車モデルの「CRF250L」。

MotorCycle show 2016 MotorCycle show 2016
ワークスマシンのレプリカというのは、オンでもオフでも美しく、引きつけられるモノがある。ワークスマシンのカラーリングを纏い、スポンサーのロゴも忠実に再現。市販されるときに、ロゴはなくなってしまうかもしれないが、それでも気分が上がることは間違いない。250ccなら自分でも乗れるかも? なんていう思いが大胆にもよぎって来てしまう魅惑的なモデルなのだった。

MotorCycle show 2016
さらにHondaからは、アドベンチャーという名前を冠したスクーター「City Adventure Concept」も展示。

MotorCycle show 2016 MotorCycle show 2016
「未来を見据え、アドベンチャーモデルの今後のデザインの方向性を示すコンセプトモデル」ということなのだが、スクーターにも冒険野郎の魂を取り入れるというのが新しく、今までに無い面白さが際立っていた。バイクの周りにはキャンプ道具やピクニックのグッズなどがディスプレイされ、このモデルのイメージを盛り上げていた。市販化に期待したい。

MotorCycle show 2016
DUCATIからは「Multistrada 1200」にエンデューロモデルの「Multistrada 1200 Enduro」が登場!

MotorCycle show 2016 MotorCycle show 2016
 オンロードのイメージが強かったDUCATIにも、オフロード色が強いモデルが登場した。Multistrada(ムルティストラーダ)1200のフレームに、新設計された両持ち式スイングアームを組み合わせ、フロントホイールを17インチから19インチ、スポークに変更。さらに200mmのロングストロークを持ち、タンク容量を30ml (Multistrada 1200は20ml)に増量といった、本格的なアドベンチャーモデルとしての投入となる。

MotorCycle show 2016
と、なんだか壮大な冒険バイクから、気軽に楽しめる小排気量バイクまで、選択肢の幅が一時期よりもぐんと広がっていて、バイク乗りには嬉しい限り。バイクには夢があって、普段の自分とは違う人物にもなれる、変身願望を叶えてくれる乗り物。一般的にバイクといったら、速さを求めることだけに目が行きがちだが、そうじゃない。楽しんで乗るもの。余裕がある走りが楽しめるラインナップは、今後のバイクライフも豊かなものにしてくれそうだ。


■BMW Motorrad 公式サイト
http://www.bmw-motorrad.jp/

■DUCATI JAPAN 公式サイト
http://www.ducati.co.jp/

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp