英国BBC『トップギア』の司会者を辞めたジェレミー・クラークソンジェームズ・メイリチャード・ハモンドは、新たにAmazonと新番組制作の契約を結んだものの、あまり意欲的ではなく、やる気がないのではないかという懸念は、Amazonが公開したこのビデオを見れば軽減するはずだ。ソファに腰かけた3人は新番組のタイトルを決めようと、お互いにアイディアを出し合いながら話し合いを続けているようだが、単に思いつきで喋っているだけで、いつものように馬鹿げた冗談の言い合いになっている。しかし、我々は彼らに期待しているのは、決して生産的な話し合いなんかではあるまい。

クラークソンが提案した『ウォッチャー・オブ・ザ・スカイ』は、英国のロックバンド、ジェネシスの名曲のタイトルだが、番組で扱うのが地面を走る自動車ではなく空を飛ぶ乗り物だったらピッタリだったかもしれない。ハモンドは髭のせいで映画『007』シリーズに出てきそうな小柄でオタクの悪役に見えるが、結局1つしか思いつかなかったようだ。メイの提案はいつも通り知ったかぶりなものだ。

まずは下のビデオをご覧いただきたい。そしてもし、あなたが独創的な案を思い付いたなら、クラークソンはTwitterへの投稿を歓迎している。ハッシュタグは現在の仮タイトル。すなわち
#TheStillVeryMuchUntitledClarksonHammondMayAmazonPrimeShowComingAutumn2016
(未だに題名が付けられていないクラークソンとハモンドとメイのAmazon Primeで2016年秋より放映する番組)。

ただし、注意点がひとつある。一時期、新番組名ではないかと噂になった『ギアノブ』が気に入っていたファンには残念だが、"ギア"と付くものは使用できないらしい。



「皆さんのご提案に感謝。ただし気を付けていただきたい。法的理由で、"ギア"は使用できない」




By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー