トヨタがマイクロソフトと共同で、車両から得られる情報集約とその活用に向けた新会社を設立
トヨタは4月4日、マイクロソフトと共同で、"市場での車両から得られる情報の集約と解析、およびその結果の商品開発への反映"を目的とした新会社トヨタ・コネクティッド(Toyota Connected, Inc.、以下TC)を、新しい北米トヨタの拠点となる米国テキサス州プレイノに設立したことを発表した。このTCは、トヨタのIT事業会社であるトヨタメディアサービス(株)とマイクロソフトの合弁会社であり、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Azure」を活用し、よりスマートな"つながる"運転体験を実現するという。言い換えれば、トヨタは「ニーズを予想し、流れに沿った、直感的なサービス」を開発し、運転の邪魔にならずに使用できるテクノロジーを生み出そうとしているということだ。

TCはこれらの新しいサービスに加え、データ分析を他社の製品開発や政府機関に提供するという。TCの事業範囲は、自社の車載サービスを筆頭に、クルマと家やIoT(モノのインターネット)の接続の他、健康と安全、クルマのスマートシティへの統合などをカバーするとのこと。やはり具体的な内容は明らかになっていないが、今後実現が期待される事例がいくつか挙げられている。ドライバーの運転習慣を学習するカーナビの開発、実際の運転パターンに合わせた保険料率モデルの構築、"つながる"技術を搭載した車両へのリアルタイムの道路状況や交通情報の提供などだ。

TCの社長兼CEO(最高経営責任者)に就任したザック・ヒックス氏は、「TCはテクノロジーの支配からお客様を解放する手助けをします。より暮らしやすく、より人間らしい自然な生活を実現します」と述べている。

一方で、トヨタは運転の未来をシフトさせると同時に、この数か月には自動運転車とロボット技術の分野で大きな動きを見せた。現在進行中のプロジェクトもあるようだが、サービス関連では他の自動車メーカーに追いつきたいところだろう。例えば、同様の事業・開発に取り組むSmart Mobility LLCという子会社を3月11日設立したフォードは、モバイルチケッティング・アプリ「GoPass」、カーシェアリングサービス「GoDrive」、駐車場予約アプリ「FordPass」を展開し、車両整備アシストなどにも取り組んでいる。


by Engadget
翻訳:日本映像翻訳アカデミー