ボルボの、改良された高性能モデル「S60ポールスター」と「V60ポールスター」を発表
Related Gallery:2017 Volvo S60 and V60 Polestar

ボルボは、改良を受けた高性能モデル「S60ポールスター」と「V60ポールスター」を発表した。シリンダーの数は2本減って4気筒となったが、ターボチャージャーとスーパーチャージャーの両方を備えた2.0リッター「Drive-E」エンジンによって、最高出力は従来の345hpから367hpに向上。ただし47.9kgmの最大トルクは、これまでのツインスクロールターボ付き3.0リッター直列6気筒「T6」エンジンが発生した51.0kgmに比べるとやや劣る。

そうは言っても、よりパワフルになったことで0-60mph(約96.6km/h)加速はS60が4.4秒、V60が4.5秒と、前モデルより0.3秒速くなった。最高速度は両モデルともリミッターで制限され、250km/hと変わらない。

ちなみに、標準モデルのS60とV60に搭載されているツインチャージャー付きDrive-Eエンジンは、最高出力302hp、最大トルク40.7kgmだ。これにレーシング・チームのポールスターは、より大きなターボや、新設計のコネクティングロッドとカムシャフト、大径エアインテーク、大容量の燃料ポンプを組み込んで、パワーアップを図った。トランスミッションは従来型の6速ではなく8速ATを採用し、ボルグワーナー製の4輪駆動システムが標準で組み合わされる。

パワーが向上しただけでなく、車両重量も以前より約20kgほど軽くなった。フロントのブレーキ・ディスクはこれまでと同じ371mmだが、新たにスロット入りとなっている。電動パワーステアリングもポールスターによって調整が加えられているという。

しかし残念ながら、このポールスターを手に入れるのはかなり難しいだろう。ボルボによる昨年型の生産台数は750台だったが、今年はその2倍の1,500台まで増産して市場の追加に対応する予定だという。しかし、ボルボ・アメリカのスポークスマン、 Jim Nichols氏が米国版Autoblogに語ったところによると、米国市場の割り当ては265台で2016年モデルと変わらないそうだ。日本では2014年にS60が30台、V60が60台、2015年にはS60が10台、V40が40台のみ限定で販売されている。ちなみに昨年の価格は前者のセダンが829万円、後者のワゴンは849万円だった。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー