ジャガーランドローバー・ジャパン株式会社は、英国のラグジュアリー・ブランドである グローブ・トロッター アジア・パシフィック株式会社から、ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER」のビスポーク・モデルを受注し、納車を完了した。

Related Gallery:RANGE ROVER Bespoke Model for GLOBE-TROTTER

グローブ・トロッターは、英国老舗のトラベルケースメーカーとして人気のラグジュアリーブランド。
この度、3月31日に東京・銀座数寄屋橋の東急プラザ銀座1Fに日本初の路面旗艦店「GLOBE-TROTTER GINZA(グローブ ・トロッター銀座)」がオープンし、それにあわせ、このグローブ・トロッター仕様の「RANGE ROVER」が納車された。


このグローブ・トロッター仕様の「RANGE ROVER」は、最高出力380psを発揮する、3.0リッターV6 スーパーチャージド・エンジンを搭載した「RANGE ROVER LONG WHEELBASE VOGUE」をベースに、ジャガー・ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手掛けた。


エクステリアカラーには、グローブ・トロッター特別色ボスポラスを採用し、インテリアカラーはエボニー/アイボリーを組み合わせた。


また、テールゲートやヘッドレスト、アームレスト、ディスプレイパネル、イルミネーテッド・トレッドプレート等、車内外の各所にグローブ・トロッターのシンボルマークである「ノース・スター(北極星)」ロゴを配した。



今回のビスポーク・モデルについて、グローブ・トロッター アジア・パシフィック 株式会社、代表取締役の田窪寿保氏は以下のように述べている。
「グローブ・トロッターは、19世紀から変わらぬ手法で今もハンドメイドされています。そのグローブ・トロッターが提唱する、南極探検のキャプテン・スコットなど歴代の冒険家のために生まれた『ラグジュアリー・アドベンチャー』の世界観は、まさにランドローバーのブランド精神である"Above and Beyond"と合致することから、『RANGE ROVER」をベースとした特別仕様のビスポークカーをオーダーしました。」


なお、このモデルは、グローブ・トロッターのメンバーしか入ることのできない特別な空間 「THE CLUB HOUSE(ザ・クラブハウス)」のお客様を対象とした、銀座店から羽田、成田空港へお送りするショーファー・カー・サービスに利用されるという。

メンバー以外の方は、乗ることは難しいが、上記エリアで優雅に走る姿を見られることを期待しよう。


■ランドローバー 公式サイト
http://www.landrover.com/jp/ja/lr/