トヨタとレクサス、2017年までに自動緊急ブレーキをほぼ全てのモデルに標準装備すると発表
Related Gallery:2017 Toyota Prius Prime @ New York 2016

米国の道路交通安全局(NHTSA)と道路安全保険協会(IIHS)は先日、米国市場で自動車を販売するメーカー20社が2022年までに衝突被害軽減ブレーキ(自動緊急ブレーキ:AEB)を標準装備することに合意したと発表した。しかし、20社のうちの1つであるトヨタは今週、その期限に先立ち2017年までに、つまり来年中にトヨタとレクサス・ブランドのほとんど全てのモデルでAEBの標準装備を実施すると発表したのだ。

既にトヨタは多くのモデルに「Lexus Safety System +」や「Toyota Safety Sense」としてAEBを提供しているが、車種やグレードによってはオプションであり、顧客は余計にお金を支払わなければならない。しかしトヨタは、2017年末までに、レクサス「GS」トヨタ「4ランナー」スバルとの共同開発車であるトヨタ「86」を除く全ての車種で、追加料金なしの標準搭載にするという。ただし、ニューヨーク国際オートショーで先日発表されたばかりの新型「プリウス・プライム」(日本名「プリウスPHV」)では標準装備されず、オプションとなっていることは興味深い。

AEBはレクサスとトヨタの各モデルに搭載される衝突回避支援パッケージに含まれる機能の1つだ。両ブランドの事故未然防止システムは、先行車との衝突の可能性を検知し、ドライバーが速やかに反応しない場合には自動ブレーキを作動させる。その他にも車線逸脱の危険を知らせるレーンディパーチャーアラートや、自動的にヘッドライトを切り替えるオートマチックハイビームなども含まれる。

ちなみに、ホンダには、AEBテクノロジーを含むHonda SENSING(ホンダセンシング)というシステムがあり、「シビック セダン」の全車に一律1,000ドル(約11万3,000円)でオプション追加ができる。しかし、今回のトヨタの動きは、ホンダを先行することになる。

注:この記事は米『TechCrunch』のKristen Hall-Geisler記者の記事を転載したもの。




By TechCrunch
翻訳:日本映像翻訳アカデミー