シボレー、新型「カマロ ZL1 コンバーチブル」を発表 640馬力のマッスルカーがオープントップに
Related Gallery:2017 Chevrolet Camaro ZL1 Convertible

新型シボレーカマロ ZL1」は、米国で今年の後半に発売される予定だ。最高出力640hp、最大トルク88.5kgmを発揮するスーパーチャージャー付き6.2リッターV型8気筒エンジンを搭載し、ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」とドラッグレースをしても勝てるかもしれない。しかし、さらにカマロにはヘルキャットに明確な差を付けるモデルも準備されている。ニューヨーク国際オートショーではZL1クーペと同時に、その高性能に加えオープン・エアのドライブが楽しめる「カマロ ZL1 コンバーチブル」も発表されたのだ。こちらはちょっと遅れて2017年前半の発売予定となっている。

ZL1 コンバーチブルは、クーペが持つすべての特性を備えた上で、さらにルーフを開けることが可能だ。クーペと同様、"フロータイ"のロゴが浮かぶフロント・グリルや、ヒート・エクストラクター・フードなどのアグレッシブなスタイリングを採用し、インテリアではレカロ製シートを装備。後輪にパワー伝達するトランスミッションは、6速マニュアルの他に新型の10速オートマチックも選択できる。

もちろん、コンバーチブル化で重量が増加した分、ZL1のパフォーマンスは多少落ちるかもしれない。だが、シボレーは正確なスペックを発表していないものの、コンバーチブルの性能はクーペに「匹敵する」としている。両車のシャシーには「わずかな構造的な違いしかない」そうだ。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー