【NYオートショー2016】トヨタ、パワートレインと顔がアップデートされた「ハイランダー」を公開
Related Gallery:2017 Toyota Highlander: New York 2016

現在開催中のニューヨーク国際オートショーは、一般の消費者にとっても大きなイベントだ。パフォーマンスカーやラグジュアリーカーも多数展示されているが、アップデートされたトヨタハイランダー」のようなクルマも見逃せない。

一見単なるフェイスリフトだが、そのボディの下にトヨタは広範囲にわたる様々なアップデートを施している。その最大の変化はパワートレインだ。前輪駆動のベース・グレード「4x2 LE」とハイブリッド・モデルを除く全車に、新開発の3.5リッターV6直噴エンジンと8速AT「ダイレクトシフト」が搭載され、アイドルストップ・システムも標準装備された。トヨタは完全なスペックをまだ公開していないが、確実に燃費も向上しているだろう。4x2 LEと呼ばれるモデルはこれまで通り2.7リッター直列4気筒と6速AT、ハイランダー・ハイブリッドは従来型の3.5リッターV6と電動モーター、CVTを組み合わせた4輪駆動システムが搭載される。

外観にも多少のアップデートが施された。フロントの開口部がボンネットからバンパー下部にまで伸び、ボディカラーと同色のラインで上下2段に分かれたことで、まとまりのある凛々しい顔になった。路上で最も魅力的なデザインのクルマになったとまでは言えないが、イメージ重視の消費者にもきっと響くだろう。

オートショーの会場では、発表された新型ハイランダーをあらゆる角度から撮影して来た。「クルーガー」という名前で売られていた先代が姿を消した日本では、もはや馴染みのないクルマかもしれないが、トヨタが米国で販売する主力モデルの1つを、この機会に是非ご覧いただきたい。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー