フォルクスワーゲン、カスタマー向けレース車両「ゴルフ GTI TCR」の新たな写真を公開
Related Gallery:Volkswagen Golf GTI TCR

今月初め、フォルクスワーゲン(VW)は「ゴルフ GTI」の40周年を記念して製作したというレースカー「ゴルフ GTI TCR」の画像を3枚ほど公開した。たとえ実際にその姿は米国や日本のサーキットで目にすることができなくても、レース仕様に磨き上げられたハッチバックは我々を興奮させた。今回、また新たに公開されたテスト中の写真を見れば、さらにその気持ちが高まるに違いない。特にネオン・ブルーと白黒で塗り分けられたレパード・レーシングのカラーリングは目を引く。


ゴルフ GTIそのものが十分魅力的なホットハッチだが、このレース仕様車のよりワイドに拡げられたフェンダーと巨大なウイングはサーキットによく映える。「ゴルフR」用の2.0リッター直列4気筒ターボ・エンジンは330ps/6,200rpm、最大トルク41.8kgm/2,500rpmに引き上げられ、6速シーケンシャル・ギアボックスを介して前輪を駆動する。価格は税抜きで11万ユーロ(約1,380万円)と高額に思えるが、より速いGT3クラスのレース用マシンだと、マクラーレン「650S GT3」が約6,000万円、ランボルギーニ「ウラカンGT3」も約5,000万円ほどになることをお忘れなく。

フォルクスワーゲン・モータースポーツは、限定20台が生産されるゴルフ GTI TCRのうちすでに5台を今シーズンのレース用にデリバリーしたという。なお、このマシンが出場するTCRインターナショナル・シリーズの競技車両は、参加者が入手可能な市販車ベースの前輪駆動車に限定されている。今シーズン、ゴルフが戦う相手は、セアト「レオン」アルファロメオ「ジュリエッタ」ホンダ「シビック」など。4月1日にバーレーンでシリーズが開幕したら、接戦のハイライトがネットで公開されることを祈ろう。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー