TESLA Model3
テスラモーターズ(本社:米国カリフォルニア州、会長兼CEO:イーロンマスク、日本法人代表取締役社長:ニコラ ヴィレジェ) は、3月31日より、開発中の次世代電気自動車「モデル3」の予約をグローバルで開始することを発表した。時差で先行する日本は米国に先んじて、日本時間同日午前10時より店頭予約を開始する。
TESLA Model3
創業以来変わらないテスラの考えは、販売予定価格が手の届き易い35,000ドルの「モデル3」を販売する事で石油依存の現状から電動化へと大きな一歩となる車になる(日本販売価格未定)。

下記の2通りで「モデル3」を予約する事ができる。
1. 店頭予約:3月31日午前10時からテスラ青山または、テスラ心斎橋の店舗にて予約。クレジットカードで予約金の決済が必要。
2. オンライン予約:日本時間4月1日午後0時30分、米国カリフォルニア州における製品初公開イベントに合わせ、テスラのホームページ上に予約サイトがオープン。予約金のオンライン決済が必要。

予約金は15万円で、予約同意書に基づき、予約をキャンセルする場合は全額返金可能。

モデル3の生産開始は2017年終盤を予定している。生産が開始されると、各国のホモロゲーションに対応し、米国西海岸から東海岸、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、そして日本を含む右ハンドル市場での納車を順次開始する。
予約番号はテスラロードスター、モデルS、モデルXの現オーナーが優先される。

製品の初公開イベントの模様は、日本時間4月1日午後0時30分、Tesla.comにてライブストリーミングで公開する。

■テスラモーターズジャパン 公式サイト
https://www.teslamotors.com/jp/