Related Gallery:Jerry Seinfeld's Porsches - Gooding & Company - Amelia Island 2016

米国の人気コメディアンであるジェリー・サインフェルドが、13日に米フロリダ州アメリア島で開催されたグッディング&カンパニーのオークション自身のプライベートコレクションの一部を出品し、なんと2,220万ドル(約25億万円)もの売り上げ総額を達成した。

サインフェルドは熱烈なポルシェのコレクターとして知られており、出品された1955年製ポルシェ「550スパイダー」は落札予想価格の中間あたりとなる534万ドル(約6億円)で競り落とされ、今回のコレクションの最高金額となった(上の写真:左の車両)。そのほか予想額で落札されたものには、1990年製「962C」が165万ドル(約1億8,000万円)、1994年製「フラットノーズ964ターボ」が100万ドル(約1億1,000万円)、1966年製「911」が275,000ドル(約3,100万円)、1964年製フォルクスワーゲン「キャンパー」が9万9,000ドル(約1,100万円)などがある。

何台かは予想落札価格を上回っており、1974年製「911カレラ 3.0 IROC RSR」は120~150万ドル(約1億3,000万円~1億7,000万円)の予想をはるかに超え、230万ドル(約2億6,000万円)で落札(上の写真:中央)。また、1989年製と2011年製の2台の「911スピードスター」、1957年製「356スピードスター」も同様に予想額を上回った(下の写真:それぞれ中央、左、右)。サインフェルドの1960年製フォルクスワーゲンは過去のオークションにおける「ビートル」の史上最高落札額を更新し、4万5,000ドル(約500万円)の予想価格を大幅に上回る12万1,000ドル(約1,350万円)もの高値がついた。

人気コメディアン、ジェリー・サインフェルドが所有するポルシェとVWのコレクションがオークションで総額25億円に

しかし、1973年製ポルシェ「917/30 Can-Am スパイダー」は予想落札価格の500万ドル(約5億6,000万円)を大きく下回り、300万ドル(約3億3,000万円)で落札された。また、1959年製「718 RSK」も400万ドル(約4億5,000万円)と予想されていたが、結果として286万ドル(約3億2,000万円)で落札されている。1963年製「356 B 2000 GS/GT カレラ2」は予想落札額125万ドル(1億4,000万円)に届かず825,000ドル(約9,200万円)、そして1958年製「356 A 1500 GS/GT カレラ・スピードスター 」は225万ドル(約2億5,000万円)の予想が150万ドル(約1億7,000万円)で落札された。1998年製「993カップ」と軍用車両の1958年製「597 ヤークトヴァーゲン」も同様に予想落札価格に達しなかった。

米国のニュース専門放送局CNBCは、今回のオークションでサインフェルドのコレクションは合計2,220万ドル(約25億円)を売り上げたが、予想額の2,800万~3,200万ドル(約31億万円~36億円)には満たなかったと報じた。他人のお金を数えようとは思わないが、予想に満たない額で売却しても、サインフェルドの懐にはそれほど影響がないと思われる。NBCが彼を有名にしたあの名作テレビ・ドラマ『となりのサインフェルド』をもう1シーズン、計22話を1話につき500万ドル(約5億6,000万円)でオファーしたにもかかわらず、彼は結局それを蹴った男なのだ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー