数年前から自動車業界では、高性能なSUVが0-100km/h加速でスポーツカーを上回るという不可思議な現象が起きている。そんな中、英国BBCの自動車番組『トップギア』が、ポルシェ「カイエン ターボS」ランドローバー「レンジローバー・スポーツ SVR」、そしてジープ「グランド チェロキー SRT」という3台のSUVでドラッグ・レース対決を行った。これを見れば、車高の高いSUVがクォーター・マイル(約402m)をどれほど速く駆け抜けられるか、お分かりいただけるだろう。

我々としては、米国を代表してグランド チェロキー SRTに頑張ってもらいたいところだが、最高出力468psというパワーは他の2台に比べてやや見劣りする。レンジローバー・スポーツ SVRのエキゾースト・ノートはずば抜けた迫力で他を威圧するが、馬力で言えばカイエン ターボSの570psが最強だ。果たして今回最速のSUVに輝いたのはどのクルマなのか、ぜひご自分の目でご確認いただきたい。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー