これがオークションで最も高値が付いたブガッティ!
Related Gallery:1937 Bugatti 57SC Sports Tourer by Vanden Plas

写真の素敵なクラシックカーは、これまでオークションに出品されたブガッティの中で、最も高値が付いた車両だ。1930年代にブガッティが製造した「タイプ57」は、どのモデルもコレクターの間で人気が高いが、この1937年製「タイプ57SC スポーツ・ツアラー」は、英国のコーチビルダーであるヴァンデン・プラ社が手掛けたユニークなボディワークによってさらに特別な一台となっている。一見するとジャガーやモーガンを思わせるデザインだが、その特徴的なグリルを見れば、これが正真正銘のブガッティであることが分かるだろう。このシャシー・ナンバー「57541」は、オリンピアで開催されたロンドン・モーターショーで展示され、同社のカタログにも登場したほか、第二次大戦前後に米国でレースに出場した経歴もある。

このヴァンデン・プラ製ボディのブガッティは、1,100~1,300万ドル(約12.5~14.7億円)という推定価格が付くほど、非常に素晴らしいコンディションにある個体だ。米国フロリダ州アメリア島で開催されたアメリア・アイランド・コンクール・デレガンスに出展され、3月10日に行われたボナムズのオークションではその推定価格には到達しなかったものの、973万5,000ドル(約11億円)で落札された。競売人は「オークション史上、最も価値の高いブガッティであり、アメリア島で最も高い値段で売れたクルマだ」と称賛のコメントを残している。

だが、コレクター向け情報メディア『Sports Car Market』によれば、これは正確ではないようだ。ブガッティとしては、1987年にクリスティーズのオークションで落札された1931年型「タイプ41 ロワイヤル ケルナー・クーペ」の980万ドル(約11.1億円)が最高価格とされている(日本版編集者注:この時のオークションはロンドンで行われたため、落札額は550万ポンドでした。当時の為替レートでは約966万ドルであり、今回のタイプ57SCがこれを上回ります)。また、アメリア島での記録は今回のタイプ57SCと同期間にグッディング&カンパニーのオークションに出品された1961年型フェラーリ「250 GT SWB カリフォルニア・スパイダー」の1,716万ドル(約19.5億円)が最高記録だ。

いずれにせよ、相当な高額であることに変わりはない。この美しいクルマをフロリダから持ち帰れる落札者は本当に幸せ者だ。手に入れることが叶わなくとも、その姿を是非、写真と動画でご覧になっていただきたい。このブガッティの詳細についてはボナムズの公式サイトをどうぞ。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー