Ducati SCRAMBLER
バイク乗りにとって、バイクに乗るときの服装=ライディングウェアにもこだわりを持っている。革ジャン派、ツナギが正装派、ファブリックジャケット派、バイクウェアは着ない派などなど......。車種にもよるけれど、やっぱりバイクに乗ることはどうしてもスポーツであって、さまざまな外的要因から自身の身体を守るために、さまざまな機能が必要となってくる。だから、ライディングウェアとは、スポーツウェアみたいなモノだったりするのだが......。

Ducati SCRAMBLER
こういったバイク業界の常識を全く以て覆すような、目から鱗ともいえるイベントが開催された。


Ducati SCRAMBLER Ducati Scrambler TANDEM with Italia Independent
ドゥカティジャパンによる「Ducati Scrambler TANDEM with Italia Independent」だ。
先に発表されたスクランブラーの限定モデル「Ducati Scrambler Italia Independent」とのコラボをきっかけに、バイクをもっとファッショナブルに! とこれからのバイクのあり方を提案すると共に、バイク業界だけにとどまらず、ファッション業界にもバイクを知って貰おうという、今までにない新しい戦略として行われたのだ。

Ducati SCRAMBLER
会場は、従来のバイク業界のプレス、ディーラーの他に、ファッション業界の方々が溢れかえり、いつものバイク関連のパーティーとは、雰囲気がひと味も、ふた味も違うモノに。良い匂いがした...。会場内には、スクランブラーのニューモデル3台が展示され、その他にコラボレーションを開始したイタリアインディペンデントのサングラス、メカニックによるカスタムデモ、さらには、スクランブラーが展開するポストヘリテージをイメージしたアパレルなどが展示。記念撮影を撮るなど、会場内に人が溢れかえり、移動するのもやっとの状態という大盛況となった。

Ducati SCRAMBLER Ducati SCRAMBLER
Ducati Scrambler TANDEM with Italia Independent
そして、ドゥカティユーザーである著名人も来場。バイク芸人として有名な徳井氏、パンツェッタ・ジローラモさん、さらには昨年の「Warm Blue Day 2015」にて、ブルーに染まったドゥカティを走らせたことをきっかけに、Warm Blue Day 2015を主催したGet in Touch!の理事長でもある女優の東ちづるさんの姿も。ドゥカティアンバサダーとして活躍中のモデル落合さんなどなど、バイク業界で活躍するドゥカティユーザーの女性陣も花を添えた。さすがジローラモさん、イタリアンインディペンデントの限定車がよくお似合いでした。

Ducati SCRAMBLER
そして、今回のイベントの目玉が、日本を代表するスタイリストであり、ファッションエディター祐真朋樹(すけざねともき:写真左 ) 氏とドゥカティジャパンの代表 加藤さんによるトークショー。祐真さんが今回発表したニューモデル3台をイメージとしたコーディネートを披露してくれた。そのコーディネートは「バイクに乗るスタイリングではなく、バイクのイメージで洋服を選んだ」とのことで、さながらファッション雑誌のよう! まさか、バイク業界のイベントでこんなハイスペックなモデルとモードな洋服が登場するとは思ってもいなかった。こんなハイブランドから洋服を借りてこられるというのも、さすがの祐真朋樹 氏......。

Ducati SCRAMBLER
バイクに乗るスタイリングではなかったことに、本音を言ったら少々がっかりしたのだが(だって、有名スタイリストが提案するバイクに乗るスタイルって興味あるじゃないっすか!)、それでも予想していたコーディネートの斜め上を行っていた。バイクのコンセプトに併せて、ストリートに沿ったブランドからのセレクトになるのかと、勝手に想像をしていたのだが、登場したのは、グッチ、ヴァレンティノ、トム フォード、ドリス ヴァン ノッテンといった、まさかのとてつもなく高級とされる海外のブランドたち。確かにドゥカティはイタリアンブランドでセレブ的なイメージとは合致はするが、スクランブラーとなると、もう少し低いラインの方があうのでは......と、思ったりもした。それは、ビーサンと短パン姿でパリの高級ファッションブランドの本店に踏み入れるような違和感。

Ducati Scrambler TANDEM with Italia Independent
が、それは今回の企画意図とは全く異なるお話。
今回のイベントは、上記でも述べたように、ファッション業界へバイクというカッコいいツールを広める意図を持っており、招待客もファッション業界がメイン。それを考えたら、バイクとモードの融合という新しい可能性を、日本のファッション業界に見せてくれた所に感謝したい。それだけ、スクランブラーとは表現が "自由自在" なバイクということでもある。スクランブラーは、普段高級な車に乗っているちょい悪オヤジが、嗜みとして楽しんでいるバイク。というような乗り方もアリなのだと思わせるような提案だった。
トム フォードと言えば、映画「007」のジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグが劇中でも愛用しているブランドで、前作の「007/スカイフォール」にて見せてくれたマーケットの屋根をスーツ姿でCRF250Rを駆って走り回る、という姿が印象的だったし、あの姿に随分としびれたバイク乗りも多いのではないだろうか? そんな、バイクとモードの融合という形を今回身近なイベントで表現してくれた、ドゥカティというブランド力にも、とてつもない新しい可能性を感じた。

バイクの乗り方はいろいろあってもいいじゃない、と。

Related Gallery:Ducati SCRAMBLER


ということで、祐真朋樹氏がコーディネートしたのはこちら!

SIXTY2 × Valentino × Dries Van Noten

シックスティ2に合わせたのは、男性がイタリアンブランドの「ヴァレンティノ」、女性がベルギーブランドの「ドリス ヴァン ノッテン」。
ヴァレンティノの今年のテーマはトロピカル。そんなトロピカルプリントのシャツに足元をラフなスニーカーにすることにより、サーファーをイメージ。ペールトーンの革ジャンが爽やかだったー。
ドリス ヴァン ノッテンはアントワープ出身のデザイナー。手仕事といった凝ったディティールが特徴的なブランドで、白いシャツにあしらわれたスパンコールの刺繍が、海のイメージにもぴったり。
SIXTY2のイメージカラーでもあるタンクのオレンジによく似合っていた。

Ducati Scrambler Italia Independent × GUCCI
Ducati SCRAMBLER

男女とも、言わずと知れた有名イタリアンブランドのグッチ! Italia Independentとのコラボレーションモデルということで、イタリアインディペンデントの創始者であるカポ・エルカーンのイメージでコーディネートしたとのこと。カッコいいバイクなのでそれに負けないように......。スタッズ使いや総刺繍でスパイスを利かせたジャケットが印象的。グッチのメンズと言えば、毎年革ジャンなどといったライダーにインスパイアされたアイテムが多く登場するブランド。さり気なくグッチとか着ているスクランブラー乘りがいたらクラクラしてしまうことだろう。女性は70年代調のプリントのコーディネートで。これじゃバイクに乗れないけれど、靴が超カワイイ......。

SCRAMBLER FLAT TRACK PRO × TOM FORD

限定のダートラ仕様には、男女ともにトム フォードの革ジャンでスポーティにコーディネート。共に質感の違うジャケットでちょっとハードに仕上げられている。白いミニスカートに白いロングブーツが黄色い外装によく似合う。タンデムの後ろというよりも、メインで乗って欲しい装いだった。男性のスタイルは、今回のコーディネートの中で、一番バイクに乗っていても違和感のないもの。革靴では乗れないけれど、これでブーツなら全然イケる。むしろ、こんなスタイルで街中をバイクで流してくれるような人が増えたら、日本のバイクシーンもちょっと変わるのではないかとも思った。


今回のスタイリングは、バイク乗りとしては全くリアルではないけれど、色使いやアイテムの合わせ方など、参考になることも多々。今回の企画により、もっともっと、多くの人の目にバイクのカッコよさが触れるようになってくれることを期待したい。

Ducati Scrambler TANDEM with Italia Independent
ドゥカティと言えば、いままでも東京ファッションウィークや、有名百貨店のファッションフロアへのバイクの展示など、枠にとらわれないさまざまな新しい試みを近年行ってきている。イタリアンブランドならではの独特の雰囲気も手伝って、ファッションフロアに飾られたモードと違和感無く融合してしまうところが、ドゥカティという個性。うるさい、怖い、不良。といった一般的なバイクのイメージを、それとは全く違う"憧れ"の存在となるように導いてくれるのではないだろうか。

Ducati Scrambler TANDEM with Italia Independent
イベント名に使われた「タンデム」と言う言葉は、はバイク用語で2人乗りのこと。この言葉はバイクに興味がない人からしたら、全く聞き覚えのない言葉とのことで、バイク用語としてだけでなく、一緒に行動を起こすというような意味合いとしても、広く使っていきたい。ということだ。
ファッション業界との「タンデム」を開始する。という意味合いが込められた今回のイベントにより、どんな科学反応が生まれるのか今後に期待したい。ファッション雑誌などで、今後バイクを見る機会が増えるのかも?しれない。

■ドゥカティジャパン 公式サイト
http://www.ducati.co.jp/

■ドゥカティスクランブラー 公式サイト
http://scramblerducati.com/jp