YAMAHA FACTORY RACING TEAM
創業60周年の節目の年だった昨年は、MotoGPをはじめWGPモトクロス、国内でもJSB1000といったタイトルを獲得したヤマハ。今シーズンも各カテゴリーで、ブルーのマシンが暴れ回りそうな予感がする。3月1日、ヤマハ発動機モータースポーツ活動説明会が都内でおこなわれ、国内外の主要レース体制が発表された。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM
まず、ヤマハ発動機株式会社代表取締役副社長・木村隆昭氏はこう述べた。
「昨年、ロードレースの世界最高峰MotoGPで通算5回目の三冠を獲得し、モトクロスの世界最高峰MXGPでも6年ぶりのタイトルを奪還しました。またデビューイヤーとなりましたニュー・YZF-R1は、ファクトリー体制で臨みました鈴鹿8耐で19年ぶりの優勝を飾るとともに、北米、欧州、そして日本の主要レースでもチャンピオンマシンとなりました。このような影響力の高いカテゴリーでの輝きは、当社の技術や製品の信頼性を高め、マーケティングに好影響を与えました。2016年シーズンも世界のトップカテゴリーの勝負にこだわり続け、連覇そしてタイトルの獲得を目指して参ります」

YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA FACTORY RACING TEAM
すでに開幕しているスーパーバイク世界選手権(SBK)への5年ぶりの復帰、AMAスーパークロスの体制強化など、ヤマハの2016年シーズンは熱気を帯びている。

ヤマハが昨年掲げた重点テーマの1つに、人材発掘と育成を目的としたグローバルなステップアップモデルを構築することがあった。ヤマハはまず、二輪ビジネスの最重要市場として捉えるアジア地域からの活動をスタートさせている。アジアから世界を目指すライダーの登竜門として、アジアロードレース選手権に「AP250クラス」(アジアプロダクション250)の新設を働きかけ、多くの若いライダーのチャンスを拡げることに取り組んだ。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM YAMAHA FACTORY RACING TEAM
この施策はトップカテゴリーの好成績とあいまって、アセアン地域におけるYZF-R25/R3の市場導入の原動力にもなった。ヤマハは今シーズンも引き続きAP250クラスへの支援を継続しつつ、新たにシリーズ戦すべての会場でより実戦的な共有機会を設けていくほか、有望ライダーにはバレンティーノロッシ選手が主宰する「VR46 ライダーズアカデミー」への参加資格を付与するなど育成の仕組みを強化していく。ヤマハはこうしてアジアで確立した育成モデルは順次世界各地へ展開し、世界のどんな国や地域からも世界へチャレンジできる環境を整備していく計画だ。
また、日本はレース技術の開発拠点として、世界のレースシーンにフィードバックをおこないながら、アジアをはじめとする新興国の人材育成拠点として、人材の受け入れや派遣などの機能を担っていく。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM
ヤマハは今シーズンも世界各地で展開するレース活動で強く勝利にこだわり、昨年以上の情熱を持ってスターティンググリッドにマシンを並べる決意だ。鈴鹿8時間耐久ロードレースでも昨年同様ファクトリー体制でのぞみ、さらに戦闘力を高めたYZF-R1で連覇を目指す。

Related Gallery:YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2016
YAMAHA FACTORY RACING TEAM MOTOGP YAMAHA 2016 MOTORSPORT MOTOGP
MotoGP世界選手権は、ファクトリーチーム「Movistar Yamaha MotoGP」から、2015シーズン自身3度目のMotoGPチャンピオンに輝いたホルヘ・ロレンソ選手と、MotoGP参戦15年目となるバレンティーノ・ロッシ選手が2016年型「YZR-M1」で参戦。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM SBK YAMAHA FACTORY RACING TEAM SBK
5年ぶりの復帰となるスーパーバイク世界選手権(SBK)には「Pata Yamaha Official WorldSBK Team」が参戦。ライダーは2014年SBKチャンピオンのシルバン・ギュントーリ選手と、SBKで3シーズン目を迎えるアレックス・ローズ選手。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM JSB1000
全日本ロードレース選手権、国内最高峰のJSB1000には「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」から中須賀克行選手が参戦。ファクトリー仕様のYZF-R1にて、前人未到の5連覇を狙う。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM JSB1000
ユースチームとなる「YAMALUBE RACING TEAM」からは、昨シーズン3度の表彰台に立った野左根航汰選手と、開幕での怪我に苦しみながらも復帰後に表彰台を獲得した藤田拓哉選手が参戦。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM MXGP MXGP
モトクロス世界選手権は、ファクトリーチーム「Monster Energy Yamaha Factory MXGP Team」が、最高峰クラスのMXGPに参戦。ディフェンディングチャンピオンのロマン・フェーブル選手は、3月6日におこなわれた第2戦タイでパーフェクトウィン。ジェレミー・ファン・フォルベーク選手にも期待がかかる。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM SUPERCROSS YAMAHA FACTORY RACING TEAM
すでにシーズン中盤を迎えているAMAスーパークロスには、最高峰の450SXに「Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racing」が参戦中。同クラスで過去2度のチャンピオンに輝いているチャド・リード選手がランキング上位を狙っている。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM JMX IA2 YAMAHA FACTORY RACING TEAM JMX IA2
全日本モトクロス選手権は「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が国内最高峰のIA1に。昨シーズンは怪我に泣いた平田優選手が今年こそタイトル獲得を目指す。三原拓也選手も加わり、強力な布陣だ。IA2クラスには「YAMALUBE RACING TEAM」から渡辺祐介選手が参戦する。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM JTR
全日本トライアル選手権は、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が国内最高峰のIAスーパーに参戦。通算11度のチャンピオンを獲得している黒山健一選手が、2012年以来、12回目のタイトル獲得を目指す。

YAMAHA FACTORY RACING TEAM A600
アジアロードレース選手権SS600クラスには「YAMAHA RACING TEAM」として参戦し、ライダーには伊藤勇樹選手とムハマド・フィトリ・アシュラフ・ビン・ラザリ選手を起用する。

■ヤマハ発動機 公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp