2011年9月より導入されている阪神甲子園球場のリリーフカーは「スマート」だ。

メルセデス・ベンツ日本株式会社(以下MBJ)は、このリリーフカーを昨年10月に発表した新型「smart fortwo(スマート フォツー)」に変更し、今シーズンより導入する。

Related Gallery:smart fortwo,Relief Car,March2016


メルセデスのシティ・コンパクトであるスマートは、最小限のボディサイズに最大限の利便性、快適性、安全性、環境適合性を凝縮したマイクロコンパクトカー として1998年にデビューし、本日まで全世界累計販売台数150万台以上を記録、日本でも累計販売台数は3万台を超え、多くのファンに愛されている。

また、2015年10月に登場した新型スマートは、2人乗り仕様の「smart fortwo」に加え、 4人乗り仕様の「smart forfour(スマート フォーフォー)」をラインアップし、ユーザーの選択の幅を広げている。


阪神甲子園球場の新しいリリーフカーは、3月5日開催のオープン戦より運用が開始されており、いよいよ今月末からの開幕戦に備え、コンディションを整えているところであろう。
チームカラーにカラーリングされたスマートは、ホーム用は車体が黄色、ビジターチーム用は車体が白色での登場だ。

甲子園球場で活躍するスマートの勇姿をテレビや球場で見かけたら、選手と同じくらいの声援をスマートにも送っていただきたい。


■メルセデス・ベンツ日本 公式サイト
http://www.mercedes-benz.co.jp/


■スマート公式サイト
http://www.smart-j.com/