MITSUBISHI SNOW
三菱のクルマから連想するのは・・?」 
 この質問に対しての回答は、おおむねこんなところだろう。「EVが得意なメーカーです」と。あるいは「SUVにいいクルマが多い」
答えるのかもしれない。

MITSUBISHI SNOW
 たしかにこのところの三菱は、EVに積極的である。電気軽自動車アイミーブで世間を驚かしたわけだし、最近イチオシのアウトランダーPHEVという新ジャンルで先行する。一方、デリカやパジェロが築いた伝統も、いまだに健在である。SUVも三菱の屋台骨だ。三菱のツートップは、EVとSUVだ。

MITSUBISHI SNOW
 新しく就任した相川社長は、矢継ぎ早に新路線への舵取りを急いでおり、「電気とSUVで勝負する」と発言している。パジェロやデリカを有する三菱のイメージが、EVとSUVに集約するのかもしれないことは想像にかたくないのである。

MITSUBISHI SNOW OUTLANDER PHEV MITSUBISHI SNOW pajero
 だけど、僕に言わせれば三菱はやはり、「4WD技術で先行するメーカー」だと思うのである。かつてランエボで戦い,数々の勝利をプレゼントしてくれたことも理由のひとつだが、つぶさに三菱の技術を観察すると、根底には高度な「4WD技術」が内包されているように思うのだ。

MITSUBISHI SNOW MITSUBISHI SNOW
 今回、雪深い北海道で開催されたオールラインナップ試乗会では、数々の4WDモデルが用意されており、あらためて4WD技術の充実度を再確認した次第である。

MITSUBISHI SNOW MITSUBISHI SNOW
 それが証拠に、三菱は、なんと8種類もの4WDシステムを市場に投入しているという。三菱がラインナップするモデル数からすれば、驚異的な数字だ。つまり、適材適所に4WDモデルを展開していることになる。

Related Gallery:MITSUBISHI SNOW
MITSUBISHI SNOW OUTLANDER PHEV MITSUBISHI SNOW OUTLANDER PHEV
廉価版の軽自動車はVCU式オンデマンド4WDを採用。通常の走行ではFFでありながら,前輪がスリップした瞬間に後輪へ駆動力を分配する。そんなシンプルな機械式システムを盛り込んでおきながら、一方で、アウトランダーPHEVには、前後の独立したモーターが駆動力を電子制御で配分する。しかも、左右にも適切に分け与える。そんな先進技術も投入しているのである。

MITSUBISHI SNOW pajero
 さらにいえば、三菱が得意とするのは「4WD技術」ではなく「AWC技術」である。
単純に4輪で駆動するのが「4WD技術」だとするのならば、三菱が挑んでいるのは4輪の駆動力を適切にコントロールすること。つまり「オールホイールコントロール」である。
 もう一度、技術をおさらいするには、AWC見本市たるランエボを裸にして見るとわかりやすい。
 強力なエンジンパワーを路面に伝えるためには2本の駆動輪では厳しい。よって「4WD」を採用。
 だがそれじゃ、曲がり辛くなる。そのために、左右後輪の駆動力を適切に配分する。外輪を内輪より強く蹴るわけだ。それが「AYC」。
 ではセンターデフはどうするか? 曲がりたい時にはフリーにして旋回性を優先する。曲がりすぎる時にはセンターデフにLSD効果を与えてマシンを安定させる。という芸当もこなすのである。「ACD」である。

MITSUBISHI SNOW Triton MITSUBISHI SNOW Triton
 さらにいえば、加速中でさえ、旋回したけれどフロントタイヤ内輪にブレーキをかける。そう、マシンに搭載された頭脳が、自由自在に姿勢をコントロールする。「ASC」。
 ブレーキング時に適切に配分するのが「スポーツABS」。
 なんだかアルファベットの羅列で混乱してしまうのだが、つまりはあらゆる技術を投入して「AWC」=オールホイールコントロールしているのである。
 それを総合して「S-AWC」と呼ぶ!

MITSUBISHI SNOW MITSUBISHI SNOW
 三菱の主力車種は、EVやSUVに移行しつつある。だが、動力源が電気になろうと、ボディがSUVになろうとも、タイヤが路面に接して動いているかぎり、ランエボで完成させたAWC技術が廃れることはない。
 いや、たとえばモーター駆動になれば、そのレスポンスがいいぶんだけAWC技術を生かしやすくなるわけだし、それがもっと進化して、各車輪にモーターが内蔵されるインホイールモーターになれば、さらにAWCの効果が得やすいのである。
MITSUBISHI SNOW
 今回の試乗会でも、アウトランダーPHEVの走りが心地良かった。電気だから・・ではなくAWCだから、である。

■三菱 公式サイト
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/