【ビデオ】ヴィクトリー、新型「オクテイン」でオートバイによる最長バーンアウトのギネス世界記録を達成!
ヴィクトリー・モーターサイクルズのスタント・チームに属するジョー・ドライデンが、オートバイでバーンアウトしたまま走行する最長記録に挑戦し、見事にギネス世界記録として認定された。激しく白煙を上げながら走行に耐えた新型バイク「オクテイン」の後輪はバースト寸前だったものの、世界記録更新に十分な2.23マイル(約3.588km)という距離を走り切った。

今回の挑戦を収めた動画は明らかに宣伝効果を狙ったものだ。同じくらい高出力で、十分な性能のブレーキが付いたバイクであれば、恐らくその多くが似たような結果を出せると思われる。したがって、このようなタイヤを破裂させかねない悪ふざけを行う性能が、オクテインの良さを証明しているとは言い難い。とはいえ、今のところギネス公式認定員の目の前で、後輪をスピンさせ、ギネス記録を勝ち取ったのはヴィクトリーと、そのスタント・チームのメンバーだけであり、公開された映像はなかなか楽しめる。

3月25日に日本でも発売となるこのヴィクトリー オクテインは、1気筒辺り4バルブのDOHCヘッドを持つ排気量1,179ccの水冷Vツイン・エンジンを搭載し、6速トランスミッションを介して最高出力103hp、最大トルク10.1kgmを発揮。0-100km/hを4秒で加速するだけでなく、動画を見ていただくと分かるように、バーンアウトしながら少なくとも数kmの距離を走る性能を有している。


ヴィクトリー・モーターサイクルズ・ジャパン 公式サイト
http://www.victorymotorcycles.jp/





By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー