ポルシェ、4気筒エンジンを搭載する「マカン」を米国市場に投入
Related Gallery:2014 Porsche Macan at Willow Springs Raceway

ポルシェのコンパクト・クロスオーバー「マカン」には問題点が少なく、すっきりとしていて、ハンサムで、運転するのが実に楽しいクルマだ。しかし、値段が高い。北米市場でベースモデルとなる「マカンS」の値段は5万5,450ドル(日本では805万円)。しかも燃費が悪く、市街地走行時で17mpg(約7.2km/L)、高速道路走行時で23mpg(約9.8km/L)だ。この両方の問題を改善すべくポルシェは、2.0リッターのターボチャージャー付き4気筒エンジンを搭載する下位モデルのマカンを、北米市場のラインアップに加えると発表した。これでマカンは、今までより手が届きやすいクルマになる(日本や欧州では既に4気筒エンジンのマカンは販売中)。

新たに仲間に加わる2.0リッター・エンジンのマカンは、最高出力252ps、最大トルク37.8kgm。車両重量は1,770kgと、3.0リッターV6エンジンを積むマカンSの1,865kgに比べかなり軽い。7速PDKと4輪駆動システムを標準で搭載し、0-100km/hは6.7秒だ。

とはいえ、購入を考えるならばロジックは詰めない方がよさそうだ。というのも、燃費は市街地20mpg(約8.5km/L)、高速道路25mpg(約10.6km/L)で、340psのマカンSとほとんど変わらない。しかも正直なところ、マカンと競合するモデルの燃費は全て、それよりはるかに効率的だ。しかし、最高出力でマカンに勝るものはなく、BMW「X3 xDrive 28i」は245ps、メルセデス・ベンツ「GLC300」は244ps、アウディ「Q5」は230psとなっている。とはいえ、いずれのライバルたちも価格はマカンよりはるかに安い。

この新しいマカンの価格は4万8,550ドル(約550万円)からで、1,050ドル(約12万円)の配送費が別途加算される。それでもマカンSより6,900ドル(約78万円)安いが、前述の競合モデルよりは大体7,000ドル(約80万円)ほど高いことになる。ポルシェが用意する豊富で高額なオプションをつければ、当然さらに価格差は開いていく。

それでも、ポルシェの今回の動きは賢く、米国市場で待ち望まれていたものでもあり、カイエンのV6モデルが出た時のように、マカンの顧客層は格段に拡大するだろう。4気筒エンジンを搭載するマカンは、3月25日に一般公開が始まるニューヨーク国際自動車ショーで展示される予定だ。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー