米国ホンダ、新型「シビック クーペ」の価格を発表
Related Gallery:2016 Honda Civic Coupe: First Drive

ホンダの米国法人であるアメリカン・ホンダモーターは、我々が初試乗した際にとても気に入った2016年型「シビック クーペ」販売価格を公表した。ベースグレードの「LX」は、1万9,885ドル(約226万円)に設定されており、同グレードの2016年型「シビック セダン」の価格1万9,475ドル(約221万円)よりも410ドル(約5万円)ほど高い。ちなみに2015年型「シビック クーペ LX」の価格は1万9,125ドル(約216万円)だった。なお、文中の価格は全て輸送費835ドル(約9万円)込みとなっている。

ホンダは、クーペとセダンで各トリム・レベルにおける特徴を概ね揃えた。ベース・グレードにもLEDデイタイム・ランニング・ライトや5インチのインフォテインメントシステムのような快適装備が標準で搭載されている。2ドア・クーペが若干異なるのは、ユニークな「LX-P」バージョンが、2万1,685ドル(約246万円)で用意されたことだろう。最高出力158hp、最大トルク19.1kgmを発生する2.0リッター4気筒エンジンが搭載されていることはLXトリムと共通だが、トランスミッションが標準でCVTになるのが特徴だ。さらにLX-Pには、ムーンルーフ、プッシュボタン式のキーレスエントリー、リモートエンジンスターターなども標準装備される。

ホンダが誇る最高出力174hp、最大トルク22.4kgmの1.5リッター4気筒ターボ・エンジンをクーペで体験したいなら、「EX-T」グレードがもっともお得だろう。7インチのタッチスクリーン式インフォテイメントシステム、フルオートエアコン、シートヒーターを装備しながら、2万3,135ドル(約263万円)と、同グレードのセダンより100ドル(約1万1,400円)高いだけなのだ。

米国ホンダの公式サイトで現行の販売価格を検証してみると、実はクーペの上位2グレードは、4ドア・セダンの同等グレードよりも安いことが分かる。本革の内装と自動調光バックミラーを装備した「EX-L」グレードは、2ドア・クーペなら2万4,260ドル(約276万円)だが、セダンだと2万4,535ドル(約279万円)なのだ。最上位の「ツーリング」グレードは、ナビゲーション、LEDヘッドライト、雨滴検知ワイパー、ヒーテッドドアミラー、事故を未然に防ぐためのアクティブセイフティ「ホンダセンシング」一式を装備しており、クーペが2万6,960ドル(約306万円)なのに対し、セダンは2万7,335ドル(約311万円)となっている。

コンフィギュレーターを使って、実際にご自身のクルマを作り上げてゆくシミュレーションを楽しみたい方は、もう少し待つ必要がありそうだ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー