【ビデオ】これがブガッティの新型スーパーカー「シロン」の排気音!
ほとんどの人は、ブガッティの新型スーパーカー「シロン」を運転したり、ましてや所有することなどできないだろう。多くの人は実車を目にする機会すらないに違いない。せめて誰かが撮影した動画で観るくらいだろうか。これからそんな映像がたくさん公開されるはずだが、その最初の1本目となるビデオをご紹介しよう。

この映像は、英国の自動車メディア『Auto Express』のクルーがジュネーブ・モーターショーの会場で実際に撮影したものだ。きっとブースのスタッフに数ユーロほど握らせたに違いない。そう思ってしまうほど貴重な映像だ。アイドリング状態にあるシロンは、リアのスポイラーを高く掲げると、4基のターボチャージャーを搭載した8.0リッターW型16気筒エンジンから、極めて短く、しかし力強い咆哮を発する。

威嚇的で確かに素晴らしいサウンドだが、先代モデルの「ヴェイロン」と聞き比べたらどのように感じるだろう?

当然のことながら、2つのクルマのエンジン音はとてもよく似ている。両車は4基のターボチャージャー付き8.0リッターW型16気筒という、概して同じタイプのエンジンを搭載しているからだ。

とは言え、新型シロンの最高出力は1,500psと、下のビデオで観られる「ヴェイロン・スーパー・スポーツ」(ヴェイロンSS)と比べると、300馬力ほどパワーがアップしている。このことから、実際に走行しているシロンはヴェイロンよりもずっと速いだろうと想像できるが、音もずっと大きいとは必ずしも限らないようだ。

まずは1本目の動画でシロンの咆哮をチェックしてほしい。2本目の映像は、数多くのスーパーカーの動画を紹介しているYouTubeチャンネル『Shmee150』にアップされたヴェイロンSSの映像だ。続いてこちらをご覧になり、非公式ではあるが2台の違いを聞き比べてみよう。






By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー