NetflixがBBCと新生『トップギア』の放送に向けた話し合いを開始?Amazonで『トップギア』の元司会者達による新番組が放送されるとなれば、Netflixが新生『トップギア』を放送しようとするのは当然のことかもしれない。英紙『ガーディアン』の報道によると、クリス・エヴァンス、モータースポーツ界の大御所エディ・ジョーダン、そして『フレンズ』のジョーイ役でおなじみのマット・ルブランを含む6人による新生『トップギア』のストリーミング放送権を巡って、NetflixとBBCが話し合いを始めたようだ。

Netflixが独占的なストリーミング放送権を得るのか、それともBBCが他に番組販売の方法がない国で権利を得ることになるのか、今ところ定かではない。新生『トップギア』の各エピソードが英国で放送され、BBCのVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス「iPlayer」による30日間見逃し配信が終わった後に、Netflixがアーカイブとして放送することになる可能性もある。さらに、BBCには米国内でストリーミングサービスの視聴契約を年内に開始するという計画もあるという。要するに、Netflixとの契約がどのようなものになるのか、まだ誰にも分からないのだ。

このようなを聞くと、どうしてもNetflixによるAmazonへの当て付けではないかと思えてしまう。何しろ、Netflixはジェレミー・クラークソンが『トップギア』のプロデューサーに対する暴行事件を起こした後、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイを含む3人にオリジナルの自動車番組を打診していたと言われているのだ。しかし、まだ番組について何も決まっていない段階で、この3人に最も高額な契約金を提示したのがAmazonだった(「いくらなんでも高すぎる」とはあるNetflix役員の弁)。

それにしても、NetflixがBBCと話し合いすら行っていなかったのは非常に驚きだ。なぜなら、この2社は長年の協力関係にあり、共同で制作した番組は言うまでもなく、『トップギア』で降板騒ぎが起きる前に制作された多くのシーズンもストリーミングで視聴することができるからだ。Netflixは注目度の高い英国のTV番組に熱い視線を注いでおり、チャンネル4の『ブラック・ミラー』第3シリーズは、Netflixのオリジナル番組になった。

元『トップギア』と新『トップギア』、果たしてどちらを放送するストリーミング・サービスが会員数を増やすことになるだろうか...?

注:この記事はAutoblogの姉妹サイト『Engadget』のJamie Rigg記者による記事を転載したもの。




By Engadget
翻訳:日本映像翻訳アカデミー