Maserati Ghibli Diesel
マセラティ ジャパン (代表取締役:牧野一夫、本社:東京都港区)は、マセラティ史上初となるディーゼルエンジンを搭載したミドルサイズのスポーツラグジュアリーセダン「マセラティ ギブリ ディーゼル」を発売する。車両本体価格(税込)は 9,330,000円。デリバリー開始は、2016 年 3 月を予定している。

Related Gallery:Maserati Ghibli Diesel
Maserati Ghibli Diesel
マセラティはディーゼルモデルを 2013 年に発表、すでに 2014 年からヨーロッパ、北米など各国で販売を開始し、高い評価を得ており、日本市場に「マセラティ ギブリ ディーゼル」を導入し、主力モデル「ギブリ」のラインアップを拡充する。
新開発のディーゼルエンジンを搭載した「マセラティ ギブリ ディーゼル」は、マセラティ伝統のエグゾーストサウンドの魅力をさらに高め、CO2 排出量の低減と優れた燃費経済性、さらに圧倒的なスポーツ性能を実現した。

Maserati Ghibli Diesel
■新開発ディーゼルエンジン
最先端のディーゼルテクノロジーの全てが注ぎ込まれた、画期的な新型 3.0 リッターV6 ディーゼルエンジンは、マセラティ社とイタリアの VM モトーリ社が共同開発。フェラーリ F1 エンジンのデザイ ナーを務めたマセラティ社のパワートレーンディレクター監督の下で、マセラティのために専用に開発された。
この最新エンジンは、275 ps のクラス最高出力を発生し、CO2排出量を 158g/kmに抑え燃料消費量は 17.0 km/lを誇る。最大システム圧が 2,000 bar のコモンレール式直噴エンジンで、マルチインジェクションシステムにより、燃費と作動音を低減しながら応答性と俊敏性の向上が図られた。
また可変ノズルタービンを備えた可変ジオメトリーターボチャージャーにより、エンジンは低回転域から高い出力と大きなトルクを発生する。2000-2600 rpm の回転域で最大トルク 600 Nm を発生し(オーバーブースト時)、0-100 km/h を 6.3 秒で、最高速度も 250 km/hに到達する。さらにスタート/ストップシステムによって、燃費と CO2 排出量をさらに最大6%低減。クルマが止まるとすぐにエンジンを停止させ、ブレーキをリリースし、再びクルマが 動き出すときに自動的にエンジンを再始動させる。

■マセラティ 公式サイト
http://www.maserati.co.jp/maserati/jp/ja/index.html