最先端素材を採用!! レクサスから15万円のリアルソフトカーボン仕様ランドセルが登場!! 
レクサスは、2016年春夏コレクションとしてレクサスのこだわりを活かしたアクセサリー類の販売を開始した。その中からニューアイテムとしてレクサス・ブランドのランドセルが登場したのでご紹介しよう。

今回新たに投入されたランドセルは、日本が誇る新素材リアルソフトカーボンと最高級の人口皮革のベルバイオで作られているこだわりの逸品だ。

リアルソフトカーボンとは、本来工業用に使われているカーボンを、肌に触れ、感じる素材にしたいという想いをきっかけに長い年月を経て開発に成功したという新素材なのだ。

軽量、かつ丈夫で水にも強く、革と同様に縫製加工することが可能。そしてその仕上がりは、指先でカーボンを感じられる綾織り模様でありながら、絹のような光沢があるといった、革とは一味違う美しい質感が魅力的だ。

Related Gallery:2016 Lexus Collection





なお、今回採用されたリアルソフトカーボンはhide k 1896が開発したもので、同社とレクサスがコラボレーションしてランドセルに採用することになったという。

ランドセルの製造は、専門メーカーの羅羅屋が行う。オーダーメイドを含めた羅羅屋通常モデルは3万8,000~6万円程度で販売されているが、今回のモデルは倍以上のプライスである15万円(ネーム刺繍入りは15万3,000円)となっている。


ボディカラーは、ブラック、グリーン、ネイビー、ブラウン、ピンクからセレクト可能。筆箱ケースやポーチなども付属されており、ランドセルに装着することもできるといった細かな配慮もなされている点もうれしい。

幼稚園児が15万円以上もするレクサスのランドセルが欲しいと言うことはおそらくないだろうから、レクサス・オーナーの両親や祖父母が買い与えるというのが想定できる。しかし、オーナーの数を考えるとその数はそれほど多くないだろう。

以前、自動車メーカーブランドのゴルフバックを作っているメーカーの方と話した際に、これらのゴルフバックは案外売れるんで追加ラインナップを検討しているというお話を伺ったことがある。

それらを購入する用途としては、その自動車メーカーの販社が主催するゴルフコンペの景品などの賞品として使われるということ。自分では買わないが、貰うとうれしいギフト需要が高いということが、人気の秘密だったのだ。

そういう面で考えると、15万円のレクサスのランドセルは、トヨタグループの販社や関連企業の方が取引先のご子息の入学祝にという形でプレゼントするのにも最適な品かもしれない。

なお、製造には発注後3~4か月の納期がかかるとのことなので、来春の入学に間に合わせるためには、遅くとも秋までに発注すると良いだろう。

※価格はすべて消費税込

■レクサスコレクション 公式サイト
https://lexus.jp/brand/collection/index.html