<マツダ ロードスター>

2月26日、国内メーカー7社が2016年1月度 生産・国内販売・輸出実績を発表した。
(  )内は前年同月比


<トヨタ シエンタ>

■トヨタ自動車株式会社
国内生産は、259,449台(103.0%)と6ヶ月連続で前年同月実績を上回った。
海外生産は、北米・欧州・アジア・アフリカ等で減少し、453,405台(97.5%)と、前年同月実績を下回った。
国内販売は、乗用車102,028台(105.1%)、商用車11,178台(101.8%)、合計113,206台(104.8%)と、4ヶ月連続で前年同月実績を上回った。
レクサスブランド車の販売は4,737台(135.9%)。
軽自動車の販売は1,914台(99.4%)。
除軽市場におけるシェアは、46.8%(前年同月差+2.1ポイント)、含軽市場におけるシェアは、29.6%(前年同月差+2.7ポイント)となった。
輸出は、北米・アジアに向けた輸出が減少し、138,692台(106.7%)と、2ヶ月振りに前年同月実績を上回った。

トヨタ自動車株式会社 公式HP
http://toyota.jp/



■ダイハツ工業株式会社
国内生産は54,209台(-26.8%)、軽自動車、登録車ともに減少し、2ヶ月連続で前年同月実績を下回った。
海外生産はインドネシア・マレーシアともに減少し、35,757台(-15.4%)と2ヶ月連続で前年同月実績を下回った。
国内販売は、軽自動車、登録車ともに減少し、48,192台(-5.7%)と5ヶ月連続で前年同月実績を下回った。
輸出は、2台(-99.6%)。

ダイハツ工業株式会社 公式HP
http://www.daihatsu.co.jp/



<ダイハツ CAST SPORT / ホンダ VEZEL>

■本田技研工業株式会社
国内生産は61,810台(102.8%)と2ヵ月ぶり増、海外生産は342,449台(113.0%)と11ヵ月連続増、単月として過去最高となった。
国内販売は登録車26,553台(88.8%)、届出車24,654台(73.1%)、合計で51,207台(80.5%)と2ヵ月連続減となった。
1月単月の主な車種の販売実績は、登録車では「フィット」7,291台、「VEZEL」5,584台、届出車では「N-BOX」13,754台、「N-WGN」6,182台。
輸出は、北米、米国、欧州、アジアともに増え、合計10,224台(421.3%)と7ヵ月連続増となった。

本田技研工業株式会社 公式HP
http://www.honda.co.jp/



■日産自動車株式会社
国内生産は、65,416台(-21.8%)と2ヵ月連続で前年実績を下回った。
海外生産は、全体で371,670台(+4.5%)と9ヵ月連続で前年実績を上回り、単月として過去最高を記録した。
主に、米国・メキシコ・中国で前年実績を上回り、米国・メキシコはさらに単月として過去最高を記録した。
国内販売は、軽自動車を含む全体で50,507台(-11.2%)と20ヵ月連続で前年実績を下回った。
国内登録は、32,329台(-4.7%)、軽自動車は、18,178台(-20.7%)と共に前年実績を下回った。
輸出は、33,166台(-28.3%)と2ヵ月連続で前年実績を下回った。

日産自動車株式会社 公式HP
http://www.nissan.co.jp/



<日産 X-TRAIL / スバル SUBARU XV>

■富士重工業株式会社
国内生産は、56,275台(+0.1%)と2ヶ月振り前年超え、単月として過去最高を記録。
レガシィ/アウトバックの減少をインプレッサ/SUBARU XV、フォレスター等がカバーして、前年比微増となった。

海外生産は、19,469台(+1.3%)と3ヶ月連続前年超え、単月として過去最高を記録。
北米でレガシィ/アウトバックの好調が続く。

国内販売は、登録車が11,089台(+2.6%)と2ヶ月振り前年超え、単月として過去最高を記録。
2015年10月に大幅改良を行ったフォレスターが大きく伸長した。

軽自動車は2,769台(-9.4%)、5ヶ月連続前年割れとなった。
ステラのフルモデルチェンジから1年経過したことなどにより、前年割れとなった。

輸出は、34,629台(-11.9%)と3ヶ月振り前年割れ。

富士重工業株式会社 SUBARU公式HP
http://www.subaru.jp/



■マツダ株式会社
国内生産は、乗用車が78,251台(+9.2%)と増となり、商用車が17台(-98.7%)、合計で78,268台(+7.3%)で、前年同月実績を上回った。
主要車種実績:「CX-5」26,223台、「アクセラ」18,888台、「アテンザ」11,169台。

海外生産は、乗用車が46,674台(+13.7%)と増となり、商用車は3,055台(-8.8%)、合計で52,729台(+12.1%)で、前年同月実績を上回った。
主要車種実績:「アクセラ」22,038台、「デミオ」9,129台、「アテンザ」5,939台。

国内販売は、乗用車19,584台(-7.1%)、商用車が1,356台(-18.5%)と共に減となり、前年同月実績を下回った。
主要車種実績:「デミオ」6,942台、「CX-3」2,914台、「CX-5」2,256台。
シェアは登録車が7.2%、軽自動車が2.6%、総合計は5.5%。

輸出は、北米などの増により、合計62,423台(+4.8%)と前年同月実績を上回った。
主要車種実績:「CX-5」22,604台、「アクセラ」16,739台、「アテンザ」10,453台。

マツダ株式会社 公式HP
http://www.mazda.co.jp/



<マツダ CX-3 / スズキ イグニス>

■スズキ株式会社
国内生産は、国内・輸出向け共に減少し、63,658台(77.8%)と11カ月連続減、前年を下回った。
海外生産は、中国、インド等で減少し、177,020台(97.9%)と2ヵ月ぶり減、前年を下回った。

国内販売
・軽四輪車:41,161台(98.9%)で、エブリイやキャリイ等は増加したものの、13カ月連続減、前年を僅かに下回った。
・登録車:6,681台(123.3%)で、ソリオとエスクードの増加により、と5カ月連続増、単月として過去最高となった。
・国内販売合計(軽四輪車+登録車):47,842台(101.7%)で13カ月ぶり増、前年を上回った。

輸出は、中南米、欧州向け等が減少し、7,213台(66.1%)と10カ月連続減、前年を下回った。

スズキ株式会社 公式HP
http://www.suzuki.co.jp/