フォース・インディア、アストンマーティンとの提携はまだ可能性があると主張
昨年フォース・インディアとの間で交渉を進めていた提携契約を、見送ることにしたアストンマーティンだが、同社がF1に復帰する可能性は、まだ将来的に残されているという。

シルバーストーンを本拠地とするフォース・インディアは、同じ英国のスポーツカー・メーカー、アストンマーティンとの2016年の提携を望んでいたが、最終的にその交渉は失敗に終わった。

しかし、今回はその件が棚上げされたものの、フォース・インディアのオトマー・サフナウアーCOO(最高執行責任者)は、チームはこのプランを復活させ、2017年にアストンマーティンをF1に復帰させることを今でも望んでいると語る。

また、サフナウアー氏は『Motorsport.com』に対し次のように述べた。「答えが"ノー"だとは思っていない。2016年シーズンは提携が実現しなかったというだけのことだ、アストンと将来的に提携する可能性があるかどうかを探るために、我々は今後も交渉を続けるつもりだ」

鍵はレギュレーション

サフナウアー氏によると、アストンマーティンとの交渉は難航したが、提携を実現するための鍵は、F1がアストンマーティンの興味を引くようなレギュレーションを発表するかどうかにかかっているという。

同氏は、「2017年に提携が実現する可能性はまだある。我々は再び集まり、将来的な提携のいかなる可能性でも見出したい」と述べ、「前回の交渉時には意思決定を左右するポイントについて明らかでなかったこともある。彼らは、F1がエンジンやその他の規約についてどのような変更を加えるのか確認する時間が必要だっただけだ。F1に復帰するかどうかを決定するには、その答えが必要だ。そしてその答えを出せるのは時間だけだ」と続けた。

2017年のレギュレーションが最終決定すれば、それが交渉の助けになるかとの質問に対しては、「それも1つの要因だ」と答えている。「2017年のレギュレーションが決まり、発表されれば、"そのレギュレーションが有利に働くか"を決定できる。推測するよりも待つしかないだろう。それは、まさしく今回提携が先送りにされた理由の1つだ。レギュレーションがどんなものになるか、2017年になれば分かるだろう」

注:本稿はモータースポーツのニュース、写真、ビデオをお届けする情報サイト『Motorsport.com』に掲載されたJonathan Noble氏による記事を転載したもの。

By Motorsport.com
翻訳:日本映像翻訳アカデミー