【ビデオ】雪が降り積もったサーキットを、日産「GT-R」に引っ張られてスノーボードで滑走!
スパ・フランコルシャン・サーキットは、その高低差の絶妙な組み合わせや、難易度の高い高速コーナー、ベルギーの美しい景色、モータースポーツの歴史における重要性など、世界で最も名高いサーキットの1つだ。さらに今回分かったことだが、このサーキットはコースが雪に覆われる冬の間、スノーボードを楽しむ素晴らしい場所にもなるようである。引っ張ってくれる日産「GT-R」があればなおさらだ。

ニュルブルクリンクやスパ・フランコルシャンでドライブ体験のサービスを行うRSRNurburgの人達にとって、お客は来なくてもこの日は素晴らしい一日になった。数センチの雪が積もったクローズドサーキットは、オフシーズンの誰もいないコースでGT-Rを"滑らせる"絶好のチャンスを与えてくれたのだ。そこにスノーボーダーを加えることで、このスリルを楽しめる人間がもう一人増えたわけである(注:決して真似をしないでください)。

YouTubeの説明によると、彼らは最初、ほんの冗談でスノーボーダーがつかまれるようにした金具つき平紐をクルマにつないだそうだが、それがまったく最高の体験と映像をもたらすことになった。速度は120km/hを超え、スノボーダーはこの特殊な方法でサーキット走行を堪能。ヘルメットを装着したのは間違いなく賢い選択だったろう。それでは早速、彼らが豪快に滑走する様子をご覧いただきたい。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー