Related Gallery:2020 Ford Bronco Renderings

フォードが新たなSUVを販売車種に追加しようとしていることは皆さんもご存知だろう。そして、そのうちの1車種が「ブロンコ」になると誰もが予想している。今や最大の疑問は、それがどのようなデザインになるのかということだ。

Bronco6G.com」というフォーラムでは、2004年に発表されたコンセプトカーをヒントに、過去のモデルの頑強そうな外観と、フォードが用いている現在のデザイン言語を混ぜ合わせて、新型ブロンコのデザインを予想している。「我々のコンセプトは現代的なボディ・オン・フレーム構造を特徴とした次世代のブロンコだ。実用性とオフロード走破性に優れ、ボックス型で車高が高く、余計な飾りを省いた屈強なデザインに仕上がった」とサイトには綴られている

確かに素晴らしいデザインであり、多くのブロンコ・ファンが次期モデルに期待する方向性と言えるだろう。しかし、フォードは現行ラインナップとのバランスを重視するのであれば、レトロな外観を避ける可能性がある。Bronco6Gのデザインからは、この小型ピックアップトラックがジープ「ラングラー」の対抗馬として想定されているように見えるが、理論上、フォードはブロンコという車名をどんなタイプの車種にも使用できるのだ。

フォードは今後4年間で4車種のSUVを追加すると発表したが、同社の高級車ブランドであるリンカーンからは、最低でも1つのハイブリッドSUVと、小型のユーティリティ・ビークルが発売されるようだ。そして4種類のうち1車種はグローバル・プロダクトとなるようで、米国では販売されない可能性がある。

フォードのセールス&マーケティング部門のトップであるマーク・ラネーブ氏は、今月初旬に開催されたシカゴ・オートショーでSUVの新戦略について会見した際、ブロンコの復活については確約しなかった。しかし、それを望む声があることは確かだ。


By Greg Migliore
翻訳:日本映像翻訳アカデミー