【ビデオ】フォードの歴代ラリーカーを振り返る必見映像、新型「フォーカス RS」とケン・ブロックにも注目!
フォードの歴代ラリーカーに与えられた「RS(Rallye Sport)」の名前は、1970年に誕生した「エスコート RS1600」から始まった。それ以来、同社は世界ラリー選手権に参戦する全てのクルマに「RS」のバッジを付けてきたし、その公道バージョンも数多く生み出された。そんな血統を受け継ぐ最新モデルが現行型「フォーカス RS」だ。フォード・パフォーマンスはその発売を記念して、これまでのRSをトリビュートするビデオを公開した。

この映像は、初代エスコートのRS1600から、ミドシップ4輪駆動のグループBマシン「RS200」、そして1990年代の「エスコート RSコスワース」や初代「フォーカス RS」など、過去のラリーカーを振り返る内容となっている。欲を言えば、最新モデル以外の公道バージョンにも登場してほしかったし、ケン・ブロックにはドーナツターンをするよりダートトラックを駆け抜けてほしかった。

そうは言っても、ビンテージ・ラリーカーの映像に夢中になり、故コリン・マクレーのドライビングに鳥肌を立たせ興奮するのが我々Autoblogスタッフであり、そして今回のビデオは、そんな我々が太鼓判を押す仕上がりとなっている。早速、楽しんでほしい。





By Michael Austin
翻訳:日本映像翻訳アカデミー