ロールス・ロイス、「ファントム」最後の限定モデル「ゼニス」を用意
ロールス・ロイスは、2016年中をもって「ファントム」の現行モデルの生産を終了し、その13年の歴史に幕を閉じることを発表した。そして「ファントム・クーペ」と「ドロップヘッド・クーペ」の生産も11月で終了し、新しいプラットフォームでそれらの後継モデルが作られることはないという。しかし、その終焉を記念するべく、同社はこれら2つのモデルに豪華な特別仕様車を用意している。

4ドアのファントムの後継モデルには、今後ロールス・ロイスの全車種の構造を支える新しいアルミニウム製プラットフォームが採用される。スパイショットを見る限り、新しいファントムには多少のデザイン変更が加えられるようだが、重厚な均整の取れたフォルムは失われていない。全体のサイズは現行型とそれほど変わらないであろうが、軽量な金属とカーボンファイバーを使用することで、劇的に軽量化されるはずだ。また噂によれば、引き続きV12エンジンが搭載されるらしく、いずれはプラグイン・ハイブリッド仕様車が追加される可能性もあるという。

ロールス・ロイスのトルステン・ミュラー・エトヴェシュCEOは「間もなく登場する新型ファントムについてお話しできることを、嬉しく誇りに思います。最先端技術と革新的なデザインで進化した、現代的で美しいファントムになります」とコメントしている。

一方、次期型ではラインアップから落ちてしまうドロップヘッドとクーペの最終モデルとして同社が送り出すのは、「ファントム・ゼニス」と名付けられた限定50台の特別仕様車だ。ハイクラスなパーティのための「テールゲート・ホスティング・エリア」を備え、2台のベースとなったコンセプトカー「100EX」と「101EX」が発表された場所(ヴィラ・デステとジュネーブ)がレーザーで描かれたアームレストや、専用のメーターパネル、そして特別仕様の「スピリット・オブ・エクスタシー」(ロールス・ロイスのシンボル)などが装備されているという。「ゼニスは、これまでのファントム・クーペおよびドロップヘッド・クーペから最高の仕様を結集し、そこにサプライズを加えた1品になるでしょう」と同社のデザイン責任者であるGiles Taylor氏は述べている。詳しく知りたい人はロールス・ロイスのプレスリリース(英語)をチェックしてほしい。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー