【ビデオ】ケン・ブロックの最新作『ジムカーナ8』には、反射する光で色が変わるフォード「フィエスタ」が登場!
カニエ・ウェストには悪いが、インターネットを騒がせることではケン・ブロックに敵わないだろう。そう思っているのは我々クルマ好きだけかもしれないが、それはともかく、ブロックの人気ビデオ・シリーズ最新作『ジムカーナ8』が、米国東部時間の3月1日午前0時(日本時間の3月1日午後2時)に、フォード・パフォーマンスの公式YouTubeチャンネルで配信されることが決まった。

我々としては、1965年型フォード「マスタング」を4輪駆動に大改造した、ブロックの馬鹿げた「Hoonicorn」が登場することを期待していたのだが、今回のビデオの主役はティーザー映像でもご覧いただけるように、ブラックアウトされたフォード「フィエスタ」になるだろう。そのボディは真っ黒に塗装されているように見えるが、実際は光の反射する方向によって様々な色を放つ特殊なカラースキームが施されている。

注目すべきは斬新なカラーリングだけではなく、このラリー仕様フィエスタが4本のトーヨータイヤ製「プロクセスR1R」を装着していることだ。いや、膨大な量のタイヤのゴムが擦り減り、白煙となって立ち昇り消えていくことを考えると、正確には数十本のタイヤというべきかもしれない。皆さんには映像をご覧いただき、ブロックの最新エクステリアについてぜひ感想を聞かせてほしい。





By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー