SUZUKI IGNIS
●本質は新コンパクトセグメントの創設!
このクラスももはや軽のストレッチ版じゃ許されなくなってきたってことですよね?」
スズキのチーフエンジニア、
石渡雅之氏に尋ねたら彼は黙ってうなずいた。



 昨年の東京モーターショーで参考出品され、年始に突如出てきたスズキの意欲的なコンパクトSUV、新型イグニス。一般的には「軽のハスラーとコンパクトSUVエスクードの中間」とも言われているが全然違う。見た目や中身を考えると単なるスキ間狙いじゃないのだ。

SUZUKI IGNIS SUZUKI IGNIS
 まず全長3,700×全幅1,660×全高1,595mmのサイズが絶妙だ。今、日本で一番売れているコンパクトカー、フィットアクアは全長ほぼ4mでデカいし、VWポロも同等。下回るヴィッツや同じくスズキ・スイフトですら全長3.8m 台後半で今後ますます大きくなるはず。
 かといってVW up! スマート・フォーフォーは全長3.5m前後と小さすぎるし、そちらは大人4人乗車ギリギリの軽に近いレベル。

SUZUKI IGNIS
「正しく言うとライバルはいません。私たちはSUVのスタイルも含めて新セグメントと考えています」(アシスタントチーフエンジニア小岩井信氏)はまさにその通り。
 実はイグニスは軽とコンパクトの間を本気で狙った新サブコンパクトなのだ。そういう意味ではスキ間狙いだが、昨年出たスズキ・ソリオと違って、狙いは相当グローバル。
「どことは言えませんが世界で販売します」(小岩井氏)で、プラットフォームはソリオから始まる新世代。今までの良くある軽の延長プラットフォームではないのだ。

●なんでいきなりこんな本気なの?
SUZUKI IGNIS SUZUKI IGNIS
 さらに実物を見て驚くのはサイズを感じさせないスタイルだ。現行アルトの流れを感じさせる個性派で全高は1.6m台と高めだが単なるコンパクトSUVデザインと違い、個性的なヘッドライトを筆頭にキャラクターが立っている。

SUZUKI IGNIS
 インテリアの出来もいい。インパネにソフトパッドは当然使われておらず決してプレミアムではない。だが、素材の使い方や色の使い分けが上手くて見た目は驚くほど上質。

SUZUKI IGNIS SUZUKI IGNIS
SUZUKI IGNIS SUZUKI IGNIS
 インパネを2トーンに分けて品良く仕上げている上、カーボン風素材で覆ったエアアウトレットや円筒式のエアコン操作スイッチ、シンプルだがワンポイントカラーが効いたメーターなど要所がオシャレ。

SUZUKI IGNIS
 ついでに全グレードに付けられるメモリーナビゲーションもいい。海外仕様はわからないがアップルのカープレイ対応で凄く使い易いのだ。もちろんiPhoneユーザーでないと恩恵は受けられないし、イグニスの本質とはちと違うがこの便利さは捨てがたい。

SUZUKI IGNIS
 さらに大きいのは予想を裏切る室内の広さだ。プラットフォームを同じくするソリオ同様ホイールベースが2,435mmと長く、ヒップポイントも他より高めなので大人5人が驚くほどマトモに座れる。特に驚きはリアシートで、フロントに身長176cmの小沢が座った状態でもヒザが前に付かない。ヘッドレストが二人分しかない以外は不満らしい不満はない。

SUZUKI IGNIS SUZUKI IGNIS
 その分、トランクは狭めで一番小さい状態では133Lしかないが、リアシートにスライドがついているので一番前にすると258Lまで広がる。ズバリ、4mクラスに負けない便利さなのだ。

Related Gallery:SUZUKI IGNIS
SUZUKI IGNIS
 予想外なのは走りもだ。このクラスは正直、軽に毛が生えたレベルのクルマも多いがイグニスは別格。ドアこそ軽いが開閉に安っぽさはないし、全体の剛性感は完全にコンパクトの中でも上のレベルだ。

SUZUKI IGNIS SUZUKI IGNIS
 それはシートに座った瞬間から始まり、操作系すべてがガッチリ。シフトレバーやペダルの剛性感が軽レベルのものは1つもない。

SUZUKI IGNIS
 さらに加速だ。エンジンは基本ソリオと同じスズキ独自の1.2リッター直4ツインジェットでギアボックスはCVT。ピークパワーが91psでピークトルクが12kgm。特別凄いレベルではないが、根本的にはFFで800kg台、4WDでも900kg前後の常識外の軽量ボディが効いている。

SUZUKI IGNIS SUZUKI IGNIS
 加えて軽譲りのマイルドハイブリッド機構も少しは効いている。モータートルクは5.1kgmと大したことないが、発進直後のパーシャルスロットル状態で働くため、静かに走ると「グイ」と押されているのを感じるのだ。

SUZUKI IGNIS
 エンジンにしろモーターにしろ、絶対パワーは大したことないので正直フルスロットルにしてもスゲエ!ってほどじゃないが日常的に軽ーく踏んだ時に「結構 力あるじゃん!」とスイスイ進む。
 唯一、イマドキ 速度とは無関係にエンジン音がガーンと上がるCVTと、60km程度で凸凹路面を走った時の足の突っ張り、4WDモデルで高速を走った時のパワステフィールが気になったが、どれも熟成で解決出来るレベル。ま、本当のところは発売1年後ぐらいで買った方がいいのかもしれませんけどね。

●すべては軽さがポイント?
SUZUKI IGNIS
 ってなわけで予想外の出来の良さだったイグニス。最後に驚いたのは価格で、ナビや先進安全装備ナシのFFマイルドハイブリッド付きが、消費税込み 138万円台スタート。それもモード燃費28.8km/Lというかなりの低燃費でだ。

SUZUKI IGNIS SUZUKI IGNIS
 厳密に燃費スペックではフルハイブリッドに負けるが、軽さとサイズから考えて実質差はないし、使い勝手も1つ上のクラスと変わらない。特に効いているのはスズキがアルトで作り上げた独自軽量化技術で、結果燃費もハンドリングもよくなり、さらに長年鍛えたパッケージ技術や好調のデザイン力などなど、スズキテクノロジーの粋が集められた新ジャンルコンパクトなのだ

SUZUKI IGNIS
 聞けば、わざわざ軽用ともスイフト用とも違う、専用コンパクトプラットフォームを起こしたのはコストのためだとか。前述、小岩井エンジニア曰く
「スイフトのプラットフォームを使えば高くなるし、軽用だと強度が足りない。敢えて今回新規で起こしたんです」
 実はここにこそコンパクトカー作りに長けたスズキの戦略の凄さがあって今、世界のグローバルメーカーはいわゆる4mオーバーのCセグメントに注力しているが、スズキはあえてその下に目を着けたのだ。実際、インドでも今年からイグニスを発売するように、新興国は安くて質感が高くて、しかし十分使えるクルマを望んでいる。

SUZUKI IGNIS SUZUKI IGNIS
 その微妙な "全長3.7mクラス" にこそ宝が埋まっていると読み、そこにかけられるコスト範囲で、最大限のクオリティを出せるクルマを作り上げたのだ。

SUZUKI IGNIS
 他がマネできない安くて使えて質の高いコンパクトカーを作り続けるスズキ。これは軽に続く、独自のワールドクラスのスキ間ビジネスなのである。今後の評価が本当に気になるわけだ。

■スズキ 公式サイト

http://www.suzuki.co.jp/

■イグニス スペシャルサイト
http://www.suzuki.co.jp/ignis/