初心者でもがっちり固定!! 2タイプの回転式チャイルドシート「KURUTTO4」シリーズがエールべべから発売
エールベベ・ブランドでチャイルドシートを展開しているカーメイトは、2016年3月1日より新型回転式チャイルドシート「KURUTTO 4(クルットフォー)」を発売すると発表した。

エールベベの主力商品である「KURUTTO」シリーズは、累計50万台以上を発売している同ブランドのベストセラー商品であり、今回のモデルで4世代目になるという人気モデルだ。

Related Gallery:2016 Ailebebe Kurutto4


警察庁とJAFの2015年の全国調査では、チャイルドシートの取付が正しくできてない割合が56.2%もあり、そのうちの77.7%が腰ベルトの締め付け不足が原因とのこと。

単にシートベルトでチャイルドシートを取り付ければ良いというわけではなく、事故の際の衝突や横転で子供を守るためにはがっちりと固定しなければならないのだ。

先代モデルのKURUTTO3iでは、ISOFIX固定金具を使う取付方法でがっちり固定を実現していた。

そして、今回登場したKURUTTO4シリーズでは、ISOFIX取付を採用したKURUTTO4iの他、シートベルト取付でもがっちり固定できるパワーアシストボタンを搭載したKURUTTO4sも登場し、ISOFIX金具未装着の車両でも安心して装着できるようになった。



従来のモデルと比較して、赤ちゃんの乗せやすさや静かな回転機構などの改良がなされたKURTTO4シリーズだが、最も目につくのが、最上級モデルのグランスに採用された、さらに大きくなったワイドサンシェードLLだろう。

スモークガラスのクルマが多くなったが、真夏の太陽の日差しや天井からのクーラーの風など、車内では赤ちゃんにとって不快な要素が多い。

また、夜間走行時の後続トラックのライトに照射されたり、トンネル内のライトが断続的に車内に入り込む場合など、赤ちゃんがその光で起きてしまうこともある。

そうした面でも、このすっぽりと足まで覆ってしまう大型のサンシェードは効果的だ。



KURUTTO4シリーズでは、従来同様のラグジュアリーな革調テイストのグランスの他、スポーティなカーボン調柄やナチュラルテイストの杢調柄を採用したプレミアムも登場し、今まで以上に様々なインテリアにマッチするデザインに仕上げられている。

チャイルドシート初心者でしっかりと装着できるか不安な人や、よりインテリアにマッチしたこだわりのチャイルドシートを探している人におススメの新製品だ。

■エールべべ 公式サイト
http://www.ailebebe.jp/


クルット4 イメージムービー KURUTTO4