マット・ルブランが新生『トップギア』で初仕事 米国旗に塗られた「リライアント・ロビン」で370kmのドライブに出発!
TVドラマ『フレンズ』のジョーイ役で有名な米国人俳優のマット・ルブランが、ルーフを取っ払った三輪自動車「リライアント・ロビン」に乗って、ロンドンからブラックプールまでの230マイル(約370km)の道のりをドライブし、新生『トップギア』の司会者としての活動をスタートさせた。

マットが乗るロビンには愛国心を表す星条旗のカラーリングが施されており、この旅に同行した共同司会者のクリス・エヴァンスは、英国旗のユニオン・ジャックが描かれたロビンを運転。2台揃ってBBCの社屋から出発する動画がTwitterに投稿された。2月の英国ということもあり、2人が寒くて雨の多い旅を経験した可能性もあるが、それはそれで面白い絵になるはずだ。今度はジェレミー・クラークソンがロビンをドライブしたときのように、演出スタッフがクルマを横転させるために小細工をするようなことがないように願いたい。
マット・ルブラン
今日はBBC『トップギア』の撮影クルーとの仕事。何てステキな変わり者の集団なんだろう。撮影は午前中からスタート。興奮してる。

HAUS OF MATTYPOP
マット・ルブランとクリス・エヴァンスが『トップギア』の最初の撮影をしている貴重な瞬間。

『トップギア』については、16エピソードの新シーズンが、2016年5月8日から英国で放映が始まると伝えられているが、日本や米国などでいつ放映されるかについては、まだ何も明らかになっていない。一方でBBCは先日、新キャスト全員を発表しており、新生『トップギア』にはエヴァンスやマットをはじめ、ニュルブルクリンクの女王サビーネ・シュミッツ、ベテラン自動車ジャーナリストのクリス・ハリス、元F1チーム・オーナーのエディ・ジョーダン、英国人ジャーナリストのロリー・リード、そしてお馴染みの覆面レーサー、ザ・スティグが出演することが分かった。

先月には米国カリフォルニア州モントレーのマツダ・レースウェイ・ラグナ・セカで、エヴァンスとシュミッツが別の撮影をしているところも目撃されており、エヴァンスはニュルブルクリンクの女王が運転するアウディ「R8 V10プラス」の助手席に乗り込んだが、あまりの力強いドライビングにクルマ酔いしたところを写真に撮られてしまった。

なお、『トップギア』でこれまで司会を務めていた3人組は、また別の番組を制作中であることが伝えられている。昨年はいろいろあってファンとしては大いに心配させられたが、楽しみな自動車番組が2つに増えたと思えば、これでよかったと言えるだろう。あとは日本でも無事に放映が決まれば...。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー