純金をちりばめた限定車!! 光岡が「ビュート・ゴールドプレミアム」を限定15台で発売開始!!
光岡自動車は、2月19日より主力のコンパクトカーである「ビュート」をベースにした「ビュート・ゴールドプレミアム」を限定15台で発売開始した。

外装色は、ゴールドパールを採用。このゴールドパールは、一般的なパールホワイトとは異なり、原色ベースにゴールド系塗装を施し、その上から同様にゴールド系のパール光輝剤を添加、さらに上からクリアコートすることで初めて表現されるというこだわりのカラーだ。

正面から見ると、黄色みの強い印象があるが、そこから角度を変えて見ると爽快な青みがかかったシルクのような艶やかな表情になるということだ。

Related Gallery:2016 Mitsuoka Viewt Gold Premium


​ゴールドプレミアムの名前にふさわしい金箔は、エクステリア前部のグリルバッジと内装のウッドタイプインパネ、後部座席後方のリヤパーセルボードに使用されている。

今回使われている金箔は、1台あたり約0.5gとのこと。ちなみに、筆者が確認した時点で、0.5gを田中貴金属サイトの金地金価格で計算すると約2,400円くらいになる。

実際に使用されているのは金地金ではなく、金箔なので価格以上の煌びやかな印象が感じられるに違いない。




インテリアはアイボリーホワイトを基調としながら、ドアノブやシートの座面など手に触れる部分は、触り心地のよいスエード調の生地を採用し、直感的な心地よさを感じられるような仕様に仕上げられている。

運転席左右のパネルには、ゴールドのデコレーションストライプが施されており、運転中もゴールドの特別感が感じられる。


金箔をただ画一的に貼り付けるのではなく、おしゃれにデザインされて使用されており、上品な仕上がりとなっている。


こちらが、リヤウッドパーセルボードの意匠。

伝統工芸の金箔が、カーテン越しの光と相まって、新たなクルマのインテリアとして美しい表情を作り出しているのが印象的だ。

ゴールドプレミアムの価格は、329万9,400円(消費税込)。1.2Lのクルマにしてはかなり高額だが、価格を超えるこだわりが楽しめる1台だろう。

光岡自動車 公式サイト
http://www.mitsuoka-motor.com/