【ビデオ】最大トルクは414.7kgm! 飛行船用エンジンを積んだ1905年型フィアット
マイク・ヴァーディー氏が所有する1905年型のフィアットは100年以上昔のクルマながら、第一次世界大戦中の飛行船に使用されていたイソッタ・フランスキーニ製エンジンのおかげで、最高速度は127mph(約204km/h)に達する。最高出力は"たったの"250hpだが、最大トルクは約414.8kgm(3,000lb-ft)を発揮するとヴァーディー氏は言う。

この怪物の並外れた回転力は、いとも容易く細い後輪タイヤを駆動する。ジョークかどうか判断しかねるが、ヴァーディー氏によるとタイヤのゴムは6分間で寿命が尽きるそうだが。しかし、彼はこの巨大なフィアットを、決して壊れ物を扱うように大事にし過ぎているわけではない。路上でテールを振り回し、華奢なタイヤから白煙が上げる様子を是非ビデオでご覧いただきたい。




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー