フォルクスワーゲンのミニバンの歴史は「タイプ2」から始まる。
フォルクスワーゲンが最初に開発したクルマ、"ビートル"の愛称で知られるのが「タイプ1」だ。戦中は単にフォルクスワーゲン(国民車)と呼ばれていたが、戦後、「フォルクスワーゲン・タイプ1」と改名され、生産が再開された。
「タイプ2」は、タイプ1=ビートル をベースに作られたキャブオーバーバンだ。ビートルとともに根強い人気を誇るフォルクスワーゲンの名車である。それは1950年に登場する。
タイプ2は、用途によって商用のトランスポルター、デリバリーバン、ミニバスのクライネブス( ≒マイクロバス )があり、そのほかにも様々なバリエーションがあった。タイプ2は第1世代のT1、第2世代のT2、以下T3、T4と代を重ねT6に至り、総称してトランスポルターシリーズと呼ばれている。

そういう意味では「Golf Touran」はタイプ2の直系ではないが、BeetleベースのT2に対してGolfベースのGolf Touranという構図はそのままであり、また乗用車ベースのミニバンという点でもタイプ2におけるT1、T2と立ち位置がよく似ている。
さてGolf Touranだが、ベースが乗用車であること、そしてドイツメーカーであることが、そのキャラクターを決定づけている。

Golf Touran
<写真:初代Golf Touran>

初代Golf Touranが登場したときも衝撃的だった。当時日本におけるミニバンは、快適性に重きが置かれていた。乗り心地の良さ、静粛性、シートアレンジの多彩さといったところが重視されていた。
ところが、初代Golf Touranは、ベースとなったGolf5をはっきりと感じさせるほど優れた操縦性を持っていた。重心の高さを上手に利用して、ロールによる横方向への荷重移動を上手に旋回性能につなげていた。

Golf Touran Golf Touran
それだけにGolf7をベースにした2代目Golf Touranの操縦性には興味があった。初代Golf Touranも、当然Golf5がベースになっているが、Golf7はMQBによって、クルマのキャラクターを決定づける、といっても過言ではない、フロント車軸からリヤバルクヘッドまでを共通化してより色濃くGolf7のキャラクターを受け継いでいるのだ。

Golf Touran
ちなみに、MQBというのは、ドイツ語の"Modulare Quer Baukasten≒モジュールキット"の頭文字を取ったもの。一般的にクルマは車種ごとにプラットフォーム開発しており、姉妹車や派生車種にプラットフォームを流用することはあっても、セグメントの枠を超えて使われることはなかった。ボディサイズが異なるのだから当然のことと考えられていたが、フォルクスワーゲンはこの枠を超え、PoloからPassatまでプラットフォームのコアとなる部分を共通にして、部品の共通化を行い、生産コストを削減し、クルマの価格を安く抑えようと、MQBを開発したわけだ。

Golf Touran Golf Touran
単にパーツを共通化するだけでなく、エンジンマウント位置まで共通化するなど徹底した効率化が図られている。
こう書くと単なるコスト削減とみられそうだが、共通化することでコストの削減を行うとともに、プラットフォームのコア部分、具体的にはフロントアクスル及びステアリングユニットからバルクヘッド(室内とエンジンルームの隔壁)までを共通化するとともに、徹底的にコストをかけて開発している。
この部分はFF車の操縦性を決定づけるといっても過言ではない重要な部分。

Golf Touran Golf Touran
だから、いざ試乗という段になって走らせてみると、意外なほどGolf7の匂いがしないことに、拍子抜けしてしまった。
もちろん、本質的にはGolfのテイストを色濃く受け継いでいるのだが、パッと乗った印象からすると、Golfをあまり感じさせないのだ。それよりも、Passatにも通じる乗り味の質感といったらいいのだろうか、高質な感覚が先に来て、あまりに普通に良く出来ていると感じられる。

Golf Touran
ロール量が少なめで、4つのタイヤをピタッと路面に設置させながらスイスイ走ってくれるところはもちろんゴルフと似ているが、口当たりがマイルドというか、ゴルフ的なスポーティな味付けを抑えて、PassatとGolfの中間的な、乗り味の良さを狙った味付けなので、ゴルフを強く感じさせないのだろう。
とはいえ、ハンドルを切りだすと、応答よくスッとクルマは反応してくれる。鋭さはなく、むしろマイルドなので、乗る人に緊張を与えない。クセがなく普通によくできたミニバンなのだ。常識的なペースで走る限り。
ところが、ペースを上げたり、緊急回避的な運転操作をした時、そのダイナミック性能は驚くほどGolf7だった。マイルドに感じたステアリングレスポンスは、運転の激しさを増すほどに精度感が高くなり、数センチの精度感でクルマの行く先をコントロールできるほどなのだ。

Golf Touran
ハイスピードなコーナーでも、重心の高さなどほとんど意識させず、4つのタイヤがピタッと路面をとらえたまま、実にバランスよく曲がってくれる。フロントタイヤだけが曲がっていくのではなく、ちゃんとリヤサスペンションがフロントサスペンションの動きを受けて、曲がるために仕事をしているのだ。
ブレーキもこれだけ(見た目に)重心が高いと、かなり前のめりなブレーキング姿勢になりそうだが、ノーズダイブを抑えてリヤブレーキをしっかり効かせている。実際ブレーキの安定性は抜群といってよく、とくに軽くハンドルを切った状態からフルブレーキングした時のリヤの安定性、姿勢の安定性は、出来のいいスポーツセダン並みだ。
実は限界領域だけでなく、常識的な速域でもオブラートにくるまれているが、Golfを感じさせる精度の高い操縦性はちゃんと持っている。例えば、カーブに向けてハンドルを切り出した時、高速コーナーのハイスピード走行と同じように、リヤサス(≒タイヤ) がハンドル操作に応答して、素早くコーナリングフォースを立ち上げているのだ。その結果、ボディごとスーッと曲がりだすような、フットワークの良さが発揮されているのだ。

Golf Touran Golf Touran
ドイツでは、郊外路の制限スピードは100km/hで、丘を超えて町を結ぶカントリーロードはブラインドコーナーも普通にあり、道幅も決して広くはない。そうした道路環境の中を安心して安全に走るためには、優れた操縦性が必要になる。それをきちんと作り込んでいるということなのだ。当然それこそがクルマに求められる基本性能であり、GolfやPassat同様、Golf Touranにも当たり前のように備わっているということなのだ。

先の説明で、部品の共通化を行い生産コストを削減し、クルマの価格を安く抑えようとMQBを開発したと書いたが、補足すると、当然クルマを安くするのが目的ではなく、価格を抑えながらより高性能な基本性能を手に入れるためにMQBは採用されているのだ。
フォルクスワーゲンでは、「走る」「曲がる」「止まる」の基本性能の高さが安全性につながる、という考え方をベースにクルマの開発を行っている。その安全性能のすべてが、フォルクスワーゲンの総合安全技術=『VWオールイン・セーフティ』なのだ。
MQBはまさしく『VWオールイン・セーフティ』のための技術でもあるわけだ。
付け加えると、精度の高い操縦性・高剛性なボディはクルマ自体の応答性をよくすることで、アクティブセーフティ性能を高めるとともに、搭載される電子制御ディバイスが車体コントロールを行う場面でもその効果をより精度高く発揮することで、パッシブセーフティやドライバーアシスト機能も充実させる。

それが以下に紹介するGolf Touranの搭載する安全機能にも大きく役立っているのだ。


アダプティブクルーズコントロール "ACC"
Golf Touran Volkswagen
<ACCは、Highlineに標準装備 / Front Assistは、全車標準装備>

「ACC」は、全車速追従機能付きクルーズコントロールで、30~160km/hの範囲で車速をセットできる。また、前のクルマが速度を落とした場合にはそのまま追従し、停止状態まで制御してくれる。
「フロントアシスト」は、シティエマージェンシーブレーキ機能付きプリクラッシュブレーキシステムで、走行中前方のクルマと接近しすぎた時ドライバーに警告するとともに最終的には自動的にブレーキを作動させ衝突の危険を減らすシステム。シティエマージェンシーブレーキ機能とは、30km/h未満で走行しているときの衝突回避ブレーキシステムのことだ。


レーンキープアシストシステム "Lane Assist"
Volkswagen
<Lane Assistは、Highlineに標準装備>

「レーンアシスト」は、レーンキープアシストシステムのことで、フロントに搭載したカメラによって車線を読み取り、クルマが車線をはみ出しそうになるとシステムが介入して自動的にステアリングを補正し元の車線に戻してくれる。


プロアクティブ・オキュパント・プロテクション
Volkswagen
「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」は、ブレーキアシストが作動するような急ブレーキ時に運転席と助手席のシートベルトのテンションを自動的に高め、たるみを巻き上げてくれるシステム。その際ウインドーやサンルーフを閉じサイド&カーテンエアバッグの乗員保護効果を高める。


ポストコリジョンブレーキシステム
Volkswagen
さらに、「ポストコリジョンブレーキシステム」は、衝突後に自動でブレーキをかけて跳ね返りなどで2次衝突の危険を減らすシステムで標準装備されている。

このほか有用なオプションとして、「インテグレーテッドチャイルドシート」も用意されている。
Golf Touran Golf Touran
<Highline、Comfortlineにオプション>

あらかじめセカンドシートジュニアシート機能が組み込まれているもので、4万3,200円は機能と信頼性を考えると納得のパーツ。また2、3列席にはすべてISO FIX基準適合チャイルドシートのテザーアンカー用フックの受け口もついており、ファミリーでの安全を重視していることが見てとれる。

もう一つ、興味深い安全面での装備がある。それは、アクティブボンネットだ。
Golf Touran Golf Touran
歩行者保護を目的としたもので、歩行者や自転車などに衝突するとボンネットのヒンジ部分に設置されたインフレーターが爆発(急速にガスを発生)してボンネット後端を跳ね上げ、主に衝突した人の頭部への衝撃を緩和するものだ。

Golf Touran
安全機能の紹介は、どうしてもカタログ的になってしまうが、あえて書き込んだのは、運動性能と同じかそれ以上に安全面への配慮が大きくなっているというフォルクスワーゲンのユーザーに対するクルマ作りの姿勢がよく表れていると感じたからだ。
Golf Touranは、ミニバンとして求められる快適性や安全性をMQBという基本性能の優れたボディを使うことによって、素晴らしく高いレベルでバランスさせているクルマなのである。

Related Gallery:Golf Touran


■フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html

■Golf Touran 公式サイト
http://golftouran.volkswagen.co.jp/