Ducati SCRAMBLER Sixty2
ドゥカティといえば、イタリアのちょっとイカした奴。なんてイメージを漠然と持っている方が多いのでは無いでしょうか。バイクに余り詳しくないという方でも、映画「マトリックス リローデッド」で、ヒロインであるトリニティがハイウェイを爆走した緑色のバイク。もしくは映画「ナイト&デイ」でトム・クルーズがキャメロン・ディアスと二人乗りをしながら街中でものすごいバトルシーンを繰り広げた赤いバイク。といえば、「ああ、アレね。」と思い出したりしませんか?
ちなみに「マトリックス リローデッド」で使用されていたのは、「996」というスーパーバイクで、ドゥカティと言えば "赤"なのですが、マトリックスでは世界観にあわせたメタリックなグリーンをまとって登場。後に「998マトリックス エディション」という限定バージョンが発売されたほどの人気車に。そして、「ナイト&デイ」で使用されたのは「ハイパーモタード1100S」。オフ(ダート)とオンを走る、モタードという競技の車両をドゥカティなりに解釈したクールなモデルなのです。

Ducati SCRAMBLER Sixty2
ここでイタリアの老舗バイクメーカーであるドゥカティを簡単に説明すると、「イタリアのボローニャでお洒落で職人気質なイタリアンが作る、L型2気筒エンジンを搭載したかっこいいバイク。」という感じ。世界最高峰のバイクレースであるMotoGPにも参戦を続けたり、ネイキッドタイプのモデル「モンスター」もバーハンドルなのにハンドルが低くてレーシーなポジションだったりと「速さを求める人が乗るバイク」というイメージが何となくついてまわっているメーカーなのですが、それだけじゃないんです。

Ducati SCRAMBLER Sixty2 Ducati SCRAMBLER Sixty2
それが、昨年2015年に登場したドゥカティの新しいモデル「スクランブラー」。このバイクのコンセプトは「The Land Of Joy」。所有する喜びや、スタイルに合わせたファッションやカスタムといった楽しみ方のできるバイク、そして「SELF-EXPRESSIONI『らしさ』の表現」。速さだけでなく、もっとライフスタイルに寄り添った"自分らしさ"を表現しながらも、走りも楽しめるツールとして気軽に乗れるバイクであり、他のドゥカティのモデルとはブランディングがきっちりと棲み分けされています。ドゥカティのモデルはファミリーと呼ばれて形成されているのですが、スクランブラーはそのファミリーの一員ではなく、独自のファミリーとして成り立たせているのが特徴。新しいユーザー層をねらったこんなコンセプトが、全世界から受け入れられ、2015年の「世界のトップ10ベストセラー・バイク」の10位にランキングされました。
ちなみに1位はSTREET GLIDE<HALEY-DAVIDSON>、2位ELECTRA GLIDE<HALEY-DAVIDSON>、3位R 1200 GS<BMW Motorrad>、4位MT-07<YAMAHA>、5位 ROAD GLIDE<HALEY-DAVIDSON>、6位 XL1200<HALEY-DAVIDSON>、7位MT-09<YAMAHA>、8位XL883<HALEY-DAVIDSON>、9位MT-09 TRACER SCRAMBLER<YAMAHA>という結果になっている。ハーレー強し!! ヤマハも大健闘! ここに食い込んだスクランブラーお見事デス。

Related Gallery:Ducati SCRAMBLER Sixty2
Ducati SCRAMBLER Sixty2
ということで、今年スクランブラーファミリーがさらにパワーアップ。注目のニューモデル「スクランブラー SIXTY2」は、なんと中型免許(普通自動二輪免許)で運転できる400cc(399cc)モデル。過去に、モンスター400というモデルがあったのですが2008年にカタログ落ちとなり、以来大型免許を持っていなければドゥカティには乗ることができない状態になっていたのです。そんな「スクランブラー SIXTY2」を含めた2016年のスクランブラーファミリーが日本で初披露されました!

Ducati SCRAMBLER Sixty2 Ducati SCRAMBLER Sixty2
発表会が行われたのは、東京都青山の銀杏並木通りにあるお洒落なカフェ。カフェのテラス部分にSIXTY2が置かれ、日本とは思えない雰囲気を醸し出しながらも、街行く人の注目を集めていました。足を止めて写真を取る人も多数!
今回ニューモデルとしてお披露目されたのは、「SCRAMBLER SIXTY2」、「SCRAMBLER FLAT TRACK PRO」、「SCRAMBLER ITALIAN INDEPENDENT」の3モデル。


■ SCRAMBLER SIXTY2
Ducati SCRAMBLER Sixty2
SCRAMBLER SIXTY2は、「THE NEW POP ICON」をコンセプトとして登場した400ccモデルで、62年のオリジナルを彷彿とさせるキーカラーのオレンジをタンクにまとった、キャッチーさが魅力。若者のストリートカルチャーからインスピレーションを得ながらも、SIXTY2というモデル名は、小排気量で単気筒だった初代スクランブラーが生産された1962年に由来しているとのこと。ディティールにもその血統が色濃く表現され、丸形のミラーにペイントのスチール製ティアドロップタンク、さらには正立フロントフォークなどを採用。シンプルでトラディショナルな1962年の初代のデザインに、LEDライトやABSを標準装備するといった最新技術を融合させたモデルとなっています。昨年登場した800ccのスクランブラーと比べると、車体の大きさはほとんど変わりなく、400ccとはいえ見劣りしない大きさ。

Ducati SCRAMBLER Sixty2Ducati SCRAMBLER Sixty2
カラーはアトミック・タンジェリン、オーシャン・グレイ、シャイニング・ブラックの3色展開。ファッションとカルチャーが融合した、若いバイクファンが気軽に乗れる外車として、ストリートに溢れかえることを期待したいところ。3月デリバリー予定。


■ SCRAMBLER FLAT TRACK PRO
Ducati SCRAMBLER Sixty2
ファッションやスタイルだけじゃなく、本格的な走りも楽しめるという提案のひとつとして登場した、ダートトラックをイメージしたレーシーなモデル「FLAT TRACK PRO」。スーパーバイク世界選手権でドゥカティを駆り、3度のチャンピオンを獲得したライダー、トロイ・ベイリスが800ccのスクランブラーをダートトラック仕様にカスタムして「American AMA Pro Flat Track 2015 Championship」を走ったバイクからヒントを得たモデルとなり、かっこいいから作っちゃえ!
Ducati SCRAMBLER Sixty2Ducati SCRAMBLER Sixty2
Ducati SCRAMBLER Sixty2 Ducati SCRAMBLER Sixty2
と、まさにイタリアンならではのノリで実現。こちらの排気量は800ccとなり、ベースはスクランブラー「フル・スロットル」。ショートフェンダー、マスターシリンダーリザーバーカバー、サイドナンバープレートに加え、2本出しのテルミニョーニ製ロー・タイプ・スリップオン・サイレンサー(認証取得済み)がレーサー気分を盛り上げる個性的なタイプとなっています。またこれらのパーツはアクセサリーとして単体でも販売されるので、ちょこっとココだけ、なんてスタイルも楽しめるようになっています。こちらは5月に上陸予定。


■ SCRAMBLER ITALIAN INDEPENDENT
Ducati SCRAMBLER
こちらが、イタリアのライフスタイルブランド「イタリア インディペンデント」とのコラボレーション限定モデル。イタリア インディペンデントとは、フィアットグループの創始者であるラポ・エルカーンが2007年に創立したMade in ITARYにこだわりを持つブランド。

Ducati SCRAMBLER Ducati SCRAMBLER Sixty2
同ブランドのサングラスのイメージカラーであるナイト・カッパー(茶色)をフレームやホイールにあしらった上質なスタイルが特徴的な、カフェレーサー風に仕上げたクールなモデルとなっています。低く構えたハンドルバーにミラー、ツヤ消しでブラックアウトされたボディ、ウッディ調のタンクのサイドパネルなど、ひときわ目を引くカッコよさ。カスタムの参考にもなりそうなこのスタイルはさすがイタリアンブランドならではの個性。世界限定1077台となり、日本には50台+α導入予定。7月には発売開始される予定だが、既に予約が入り始めているそうで、早めの予約が必須。2月19日までは「スクランブラー原宿」、3月8日〜19日までは「渋谷西武」にて展示されるそうなので、気になる人は要チェックです!
同時にサングラスも三種類ドゥカティモデルが発売されます。


その他、チェック柄のタンクサイドパネルといった新しいパーツ類や、バイクのイメージと同様、ポストヘリテージがテーマとなったアパレルも多数登場。
バイクをライフスタイルの一部として自然に取り入れる、そんなラフなスタイルがよく似合うスクランブラーの出現によって、これからのバイクシーンがちょっと変わるかも。そんな期待が高まるニューモデルの登場なのでした。

■ドゥカティジャパン 公式サイト
http://www.ducati.co.jp/

■ドゥカティスクランブラー公式サイト
http://scramblerducati.com/jp