Googleが自動運転車用のワイヤレス充電システムを計画中
Related Gallery:Google Car

自動運転車は未来の画期的な便利ツールになるだろうが、充電されていなければ全く役に立たなくなってしまう。そこでGoogleはこの問題の解決策として、磁気共鳴式ワイヤレス送電を利用した充電システムの導入計画を進めている。米国電気電子学会(IEEE)の公式サイト『IEEE Spectrum』が伝えるところによると、これは自動運転車を充電するため、路上にマンホール型の送信機を埋め込み、ワイヤレスで給電を可能にするシステムであるという。

Googleはヒーボ・パワーとモーメンタム・ダイナミクスからワイヤレス送電システムの提供を受け、その計画概要を米連邦通信委員会(FCC)に提出した。これにより、この2社はカリフォルニアのマウンテンビューにあるGoogle本社と、同州内の自動運転車の走行試験場で、試験的な充電システムの取り付けが許可されている。

計画中の給電方法は、埋め込まれた充電パッド上で自動運転車が数分間静止して充電するか、あるいは一定間隔で並ぶ送信機の上を車両が通過しながら断続的に充電するというものだ。

このワイヤレス充電システムが導入できれば、Googleだけでなく他の自動運転車の開発メーカーが抱える問題点もいくつか解決できる。現行の電気自動車に搭載されているバッテリーよりも小型で軽量なものを使用できるため、その分、クルマの価格を下げることが可能だ。さらに、ワイヤレス充電は近づいても大丈夫なので、子供や高齢者、特定の障がいがある方の移動の邪魔にならないという利点があるとIEEEは伝えている。

注:この記事はAutoblogの姉妹サイト『Engadget』に掲載されたJessica Conditt記者による記事を転載したもの。

By Engadget
翻訳:日本映像翻訳アカデミー