リオネル・メッシ、41億円でフェラーリ「335S」を落札したという噂をジョークに
世界的に有名なサッカー選手リオネル・メッシが、今月初旬にパリで行われたオークションで1957年製フェラーリ「335S」を最高入札額の3,207万5,200ユーロ(現在の為替レートでは約41億円)で落札したという噂が流れている。この高額なフェラーリを、ライバルのクリスティアーノ・ロナウドから勝ち取るために、より高値で入札したのではないかと言われているのだ。メッシはこの落札についての憶測を聞きつけ、映画『カーズ』の主人公ライトニング・マックィーンのミニカーを手に持った自身の写真をインスタグラムに投稿した。彼の陽気なメッセージには「僕の新車」という言葉と、いくつかの笑った絵文字が載っている。

英国のスポーツに関する情報サイト『Sport』によると、このフェラーリの売り手であるプロト・オーガニゼーション(イタリア人の億万長者アレッサンドロ・プロト氏の会社)は、オークションに関するプレスリリースで、メッシが落札者であると主張しているという。その一方で、彼と親しい匿名の情報源はメッシが落札者だということを否定しているとも伝えられ、事態を混乱させているのだが、当の本人は沈黙を貫いている。しかし、落札者が誰であれ、この数々のレースで勝利を収めた非常に価値の高いフェラーリを、いつか近いうちに人々の前で公開してくれるように願いたい。

El nuevo auto que dicen que compre 😜// My new car😂😂

Leo Messiさん(@leomessi)が投稿した写真 -


インスタグラムのメッセージ:leomessiより これが僕が落札した車だ //僕の新車

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー