【シカゴオートショー2016】新型「ラム パワーワゴン」が走破性能を披露(ビデオ付き)
Related Gallery:2017 Ram 2500 Power Wagon

最近の大型オートショーでは、新型車がデビューする際に、溢れんばかりの音楽や映像と共にゆっくりとクルマがステージに登場することが多く、その性能を実際にデモンストレーションしてみせることは滅多にない。ところがラムはこの慣習に従わなかった。シカゴ・オートショー 2016の会場に集まった人々に、新型「パワーワゴン」のオフロード性能を見せつけるべく、そのサスペンションの優れたアーティキュレーションを披露してから階段を下りてくる、というパフォーマンスを行ったのだ。

今回のフェイスリフトにより、パワーワゴンはモンスター・ピックアップとしての性能は全て維持しつつ、全体のスタイリングが美しくアップグレードされた。そのお披露目としては印象的な演出だった。実車を目の当たりにすると、2トーンに仕上げられたデザインは素晴らしく、ラム「1500 レベル」から受け継いだマットブラック仕上げにビレットシルバーのロゴ入りグリルも、静止画から想像していたよりずっと良い印象を受けた。タイヤのトレッドをプリントしたシート表皮も同様で、直に見てみると決して悪くない。玉座のように高く据えられたシートの周囲には、パワーワゴンとラムのロゴが散りばめられている。

パワートレインについては変更なし。6.4リッター「ヘミ」V型8気筒エンジンが最高出力410hp/5,600rpmと最大トルク59.3kg/4,000rpmを発生し、6速オートマティック・トランスミッションと、ボルグワーナー製パートタイム・マニュアル・トランスファーを介して4輪に駆動を伝える。

詳しい情報は米国版Autoblogに掲載された記事やプレスリリース(英語)、あるいは公式サイトをご覧いただくとして、まずは会場で収めてきた発表イベントの様子を映像(動画は3本続けて再生されるのでお見逃しなく)と写真でお楽しみいただきたい。





By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー