Jaguar CAV Living Laboratory Project
ジャガーランドローバーは、次世代のコネクテッド/自動運転車両(CAV:Connected Autonomous Vehicle)技術を開発することを目的とした、英国の公道で行われる「リビング・ラボラトリー」プロジェクトに投資している。
コベントリーとソリハル周辺に「CAVテストコース」として整備される41マイル(約66km)の道路が、新システムを実際の運転条件で検証するために使用される。
投資規模550万ポンド(約8億9,650万円)の「UK-CITE(UK Connected Intelligent Transport Environment)」プロジェクトにより、英国の公道において車両と車両、そして車両とインフラをつなげるシステムの両方の実証実験ができる初めてのテストコースが整備される。

Jaguar CAV Living Laboratory Project
この3年間のプロジェクトでは、テストコース沿いに新たに通信機器が設置され、5台のジャガー・ランドローバーの研究用車両を含む最大100台のコネクテッド・カーや自動運転車両をテストするという。
これらの車両は、交通信号や頭上の道路情報掲示板などの情報を車両同士および車両と道路インフラ間で共有できる、さまざまな高速通信技術の検証に使用される。

英国ビジネス・イノベーション・技能省次官であるサジッド・ジェイビッド下院議員より、「UK-CITE」プロジェクトに対する英国政府の支援として、英国のイノベーション推進機関である「Innovate UK」が341万ポンド(約5億5,583万円)を助成することが発表された。
この共同研究に対する財政支援は、英国政府の総額1億ポンド(約163億円)のコネクテッド/自動運転車両基金が活用される。

ジャガー・ランドローバーのリサーチ&テクノロジー担当ディレクターであるウルフガング・エップル博士は、次のように述べた。
「この実生活での研究プロジェクトが実現すれば、ジャガー・ランドローバーの調査チームとプロジェクト・パートナーは、5種類の道路と交差点で、新しいコネクテッド/自動運転車両技術のテストができるようになります。同様の研究用テストコースはすでに欧州の他の地域にも存在していますが、このテストコースはまさに英国が世界と競合するために必要とされるイノベーションのインフラとなるのです。研究対象となるコネクテッド/自動運転車両の機能は、道路の安全性を高め、ドライビング・エクスペリエンスをより良くし、渋滞発生の可能性を低減して交通の流れをスムーズにするものです。これらの技術は、運転中の通信サービスに対するお客様からの需要の高まりに対応するためにも役立ちます。」


コネクテッド技術は、将来の高度道路交通システムを実現するための鍵となり、各交通機関がすべてのコネクテッド・カーから収集したデータを活用して交通の流れをモニター、管理し、ドライバーや自動運転車両に最適な道のりを案内できるようになる。

Jaguar CAV Living Laboratory Project
交通の流れをスムーズにするため、コネクテッド・カー同士が連携し、協力し合うことで、より効率的かつ安全に車線変更をしたり、交差点を抜けたりすることが可能となる。
コーペラティブ・アダプティブ・クルーズ・コントロール(CACC:Cooperative Adaptive Cruise Control)などの技術により、車両が密接しながら互いに追従して自動走行する、いわゆる隊列走行が行えるようになり、ドライバーの安全性を高め、道路上の空間を効率的に利用できるようになる。

現在、頭上の道路情報掲示板に表示されている警告表示は、将来的にはダッシュボードに直接送られ、必要に応じて繰り返し表示されるようになると予測されている。
頭上の道路情報掲示板には、設置費用がそれぞれおよそ100万ポンド(約1億6,300万円)かかるため、いずれはこの技術にとって代わる可能性もある。

Jaguar CAV Living Laboratory Project
ジャガー・ランドローバーの研究チームは、さまざまな視野外の兆候を捉え注意換気するシステムを実走テストする予定。
ドライバーだけでなく将来の自動運転車両にも警告を発することで、危険や変化する交通状況に対して自動的に対応できるようになる。

エップル博士は次のように付け加えている。
「情報を多く得ているドライバーは、安全に運転ができます。自動運転車両は前もって運転環境に関する情報を受信する必要があります。車両同士や周辺機器と通信するスマートなコネクティビティ車両は、渋滞や急カーブに差し掛かった際に、急ブレーキや停止を行うことを車両側から警告してくれるため、自動運転車両が状況に応じて対応することができます。ドライバーには、視野外で他の車両が危険を引き起こしている、またはその兆候があることを知らせる警告メッセージが表示され、警告音が鳴ります。
また、緊急車両の接近はしばしばドライバーにストレスを与えますが、緊急車両が接近するよりも早く、ドライバーや自動運転車両に通知できれば、緊急車両に道を譲るために車両を安全かつスムーズに移動させるための最適な判断ができるようになるのです。」



ジャガー・ランドローバーの「緊急車両警告」システムは、通信機能を備えた救急車、消防車、パトカーの接近を、車両間の通信を通じて特定する。その後、赤色灯の光が見えたり、サイレンが聞こえたりする前に、ドライバーに対して警告が発せられるというものだ。

この3年間の取り組みに大いに期待したい。

Related Gallery:Jaguar CAV Living Laboratory Project


■「UK-CITE」プロジェクト
4GベースのLTE(Long Term Evolution)、DSRC(Dedicated Short Range Communications)、LTE-V(より高度なLTE)、およびローカルWi-Fiホットスポットの4種類の主なコネクティビティ技術をテストするというもの。
「UK-CITE」コンソーシアムのメンバーは、ジャガー・ランドローバー、ビステオン、シーメンス、コベントリー市議会、WMG、ウォーリック大学、HORIBA MIRA、コベントリー大学、ボーダフォン。

※1ポンド=163円にて換算(2016年2月12日現在)

■ジャガー ウェブサイト
http://www.jaguar.co.jp/index.html